ファッション&カルチャーなど流行を発信するメディア

ライフスタイル

アエラホームが実現する「人にも愛犬にも優しい家づくり」の”カギ”を11月1日犬の日に合わせて紹介

一般財団法人 日本地域開発センターによる、省エネルギー性の優れた住宅を表彰する「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2021」で、2商品が優秀賞を受賞するなど高い評価を得ているアエラホーム株式会社(以下、アエラホーム)は、この度11月1日の「犬の日(犬の鳴き声”ワンワンワン”にちなんだもの)」に合わせ、「人にも愛犬にも優しい家づくり」について発表しました。

 

アエラホーム11月1日の「犬の日」に愛犬に優しい家を紹介

 

アエラホームとは

アエラホーム(AERAHOME)は、環境を通してトータルな住宅設計を考える注文住宅メーカー。

この星にたった1つしかない住まいのため、環境設計の想いを1つ1つの家づくりに込めており、「今までにない快適を実現させた住宅」を多数作り出しています。

アエラホームは3月15日、一般財団法人 日本地域開発センターによる、省エネルギー性の優れた住宅を表彰する「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2021」において、「クラージュ」「プレスト」の2商品が優秀賞を9年連続で受賞。

併せて、5年以上連続受賞の企業に授与される「特別表彰 省エネ住宅特別優良企業賞」も5年連続で受賞する快挙を果たしています。

●ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2021
受賞名・商品名:優秀賞 「クラージュ」
受賞地域:改正省エネルギー基準4~6地域

そのアエラホームは、11月1日(ワンワンワン)の「犬の日」に、愛犬との生活を大切にする方々に向けた「人にも愛犬にも優しい家づくり」を目指す取り組みや、住宅についての情報を告知しました。

 

愛犬と過ごすための「人にも愛犬にも優しい住宅」のポイントとは

アエラホームには「愛犬家住宅コーディネーター」の資格を持った社員が19名在籍しており、専門的な知識から「愛犬家住宅」のプランニング・愛犬の育て方・しつけなどについて、具体的な提案やコンサルティングを行っています。

アエラホームはこの度、「人にも愛犬にも優しい家づくり」を構成する要素とはどのようなものなのかを紹介しました。
※愛犬家住宅コーディネーターとは、愛犬の「育て方」と愛犬との「住まい方」の両軸から住まいを考える「愛犬家住宅」の専門家のこと。

 

1. 愛犬用の設備を整えた住宅

まず玄関前に設置したいものが、愛犬用の「足洗い場」。

この足洗い場があることで、散歩に出かけた後などに、愛犬の足をきれいに洗ってから自宅に入ることが出来ます。

最近はペット可のマンションなどにも、共同スペースとして足洗い場が完備されていることも多く、愛犬と暮らすためには欠かせない設備になっています。

また、滑りやすい床材は愛犬の膝や股関節に負担をかけてしまうため、「滑らない床」や「クッション性のある床」にすることで怪我を予防することが可能。

段差が苦手な小型犬には、段差をカバーするために「スロープ」を設置するなどの工夫も必要です。

 

2. 愛犬の安全を考えた設計・工夫

犬のいたずらによる電化製品のコード噛みを防ぐため、コンセントを高い位置に配置することが重要。

また、愛犬を入れたくないキッチンなどに「ゲート」を設けることで、誤飲・誤食を防いだり火の近くに近寄らせないなど、愛犬の安全を考えた工夫も大切なポイントです。

 

3. “ニオイ”への配慮

愛犬と暮らす上で配慮したいのが「ニオイ」。

一緒に住んでいる家族は慣れているので気づかなくても、遊びに来た友人・知人などはニオイが気になってしまう、ということもあります。

ニオイ対策としてまず壁材におすすめなのが「エコカラット」。

繊細な孔が湿気を調整し、部屋の空気を爽やかかつ綺麗に保ってくれるため、愛犬のニオイ対策になり「来客時のニオイの心配」が軽減。

また、天井埋め込み型のナノイー発生器は、場所も取らず愛犬のニオイが気になる場所に効果を発揮してくれます。

 

4. 断熱性と気密性

そして人にとっても愛犬にとっても重要な要素となるのが、住宅の「断熱と気密」の性能です。

断熱性能、気密性能の高い住宅は外気の影響を受けにくく、暖めたり冷やした住宅内の温度を保ち続けること可能。

家全体が快適な温度を長時間保つことが出来るだけでなく、部屋間の温度差も小さくなりヒートショックなどの健康リスクを抑制。冷暖房に使うエネルギーも少なく済むため、愛犬の留守番時の冷暖房費の節約や省エネルギー化にも繋がります。

 

これらのポイントを兼ね備えたアエラホームの「高気密・高断熱住宅」

上記で紹介した、「人にも愛犬にも優しい住宅のポイント」に適した家が、アエラホームが提供する「高気密・高断熱住宅」。

愛犬の鳴き声も「高気密」のおかげで漏れにいため、ご近所トラブルとなることも回避出来るだけでなく、人間の4倍の聴力を持つ愛犬の「騒音によるストレス」も防いでくれます。

また、人・犬ともに悩まされるハウスダストの原因ともなるダニ・カビの発生。その原因の1つである「結露」も高気密・高断熱によって起こりにくくなり、ダニ・カビの発生を抑制してくれるのです。

 

アエラホームで「人にも愛犬にも優しい家」を建てた一例

愛知県岡崎市に住むHさんは、

「一年中快適な温度の家で暮らしていきたいと考えていたので、必然的に高気密・高断熱の家を建ててくれる住宅会社を探していました。
その際に出会ったのがアエラホームでした。住宅の快適性はもちろん、私たちの暮らしの要望を叶えたうえで、愛犬の生活まで考えた家を建てて頂けたのでとても感謝しています。」

とコメントされています。

アエラホームが建てたHさんの家では、ホールの床材に愛犬の足腰への負担を考え、コルクフロアを採用しています。

階段下は、愛犬専用のハウスとして使用。廊下へ続く入口にはペット用ケージを設置するなど、色々なアイデアも採用。

キッチンでは、誤飲・誤食のリスクや調理器具などの愛犬にとって危険な物も多数あるため、愛犬が侵入できないゲートを設置出来るよう工夫がされています。

Hさんのご家族だけでなく、外部からの客を出迎えする玄関には、アクセントとしてエコカラットを採用することで、愛犬の気になるニオイの対策にも繋がっています。

11月1日の「犬の日」に紹介するのに相応しい、まさに「人にも愛犬にも優しい家」の体現とも言えるHさんの住宅。アエラホームでは、建築前の初期段階から依頼主の意向を盛り込んだ家を設計し、省エネルギー化にも優れた技術で住宅を建築しています。

 

愛犬と共に暮らしている愛犬家の方々は、自分の生活のしやすさだけでなく、愛犬が快適に住める環境つくりにも配慮する必要があります。

ぜひ犬の日である11月1日には、「人と愛犬に優しい家」について考えてみてはいかがでしょうか。

【会社概要】
アエラホーム株式会社 (http://www.aerahome.com)
所在地:東京都千代田区九段南2-3-1青葉第一ビル2階 (東京本社)
代表者:代表取締役社長 中島鷹秀

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事

TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。

  1. 「LILY BROWN(リリーブラウン)」宮脇咲良とのコラボアイテム第5弾が発売

  2. 「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」メルセデス ミーで特別展示や期間限定メニューを発売

  3. DMMの新たなエンタメサービス「DMMプレミアム・DMM TV」アンバサダーにオードリー春日・雨宮天が就任

RELATED

PAGE TOP