ファッション&カルチャーなど流行を発信するメディア

ライフスタイル

24時間営業ジムと医療機関が地域の健康増進に向け協業し「エニタイムフィットネス徳山病院店」オープン!

24時間営業フィットネスクラブで国内店舗数1位の「ANYTIME FITNESS(エニタイムフィットネス)」を展開する株式会社Fast Fitness Japanは、山口県周南市にある徳山病院の敷地内に「エニタイムフィットネス徳山病院店」を2021年12月1日にオープンすることを発表しました。

 

「地域の健康増進プログラム」を実施するエニタイムフィットネス徳山病院店オープン

エニタイムフィットネスは、24時間年中無休で営業するフィットネスクラブのトップシェアを誇るブランドで、特にトレーニングマシンに特化したジムとして展開しています。

・24時間年中無休
・リーズナブルな月会費
・トレーニングマシン特化
・全国・全世界の店舗が利用可能

上述した特徴を持ち、特に若い男性層を中心に利用されており、現在会員数は60万人を突破。北米圏を中心に4900以上の店舗数を誇り、日本では47都道府県全てに店舗をオープンしており、その数も950店舗以上となっています。

特徴的なのが、「トレーニングマシン特化」「全世界の店舗が利用可能」という点でしょう。サウナやプールなどを設けずにトレーニングマシンで有酸素運動や筋力トレーニングに特化し、どこかの店舗で会員となった際のキー1つで国内だけでなく全世界のエニタイムフィットネスの店舗で利用出来るため、いつでもどこでもエニタイムフィットネスでトレーニングが出来るというのは嬉しい点でしょう。

そのエニタイムフィットネスが、山口県周南市にある「医療法人周友会 徳山病院」と協業し、徳山病院の敷地内にエニタイムフィットネス徳山病院店をオープンすることを発表しました。

その徳山病院店では健康診断に基づいたサービスやプログラムなどを組み込んだ、地域の健康増進に向けた取り組みを行うことを告知しています。

11月30日に行われた記者発表会では、エニタイムフィットネスを運営する株式会社Fast Fitness Japan代表取締役社長の土屋敦之氏、そして医療法人周友会 徳山病院の理事長である高山成吉氏が登壇し、このエニタイムフィットネス徳山病院店の詳細と、そこで提供されるプログラムについて発表が行われました。

 

協業の経緯と地域健康増進プログラム詳細

今回協業を行なった経緯として、高山理事長が直談判を行い、「地域の健康増進をやっていきたい」と土屋社長に直接アプローチを行なったことがきっかけだったのだとか。

高山理事長は元々エニタイムフィットネスを頻繁に利用しているほどトレーニング、そしてエニタイムフィットネスが大好きだったそうで、多い時で週6通っていたのだとか。

その中で自分たちが地域の健康増進にどういった役割が出来るのかと考えた時に、こういったフィットネスクラブ周辺のクリニックがジムを中心として健康増進に取り組んだ方が面白いのではないかと考え、実際に診断内容などの情報共有を密にした連携を取るべく、敷地内での直営店のオープン、そしてその後の連携などについて提案をしたそうです。

土屋社長は「凄く良いと単純に思った」と話しながらも、これまでにも似たような事例が他の医療機関・フィットネスクラブでもありながらも、上手くいったという話が少ないことから、「収益化出来るのか、事業として継続していけるのか」という部分については冷静に判断を行い、調査なども通常通り行ったそう。

しかし、それを抜きにしたとしても「どうなるかは分からないが”やってみたい”と思ったこと、そして高山理事長という医療機関のトップがこのように言っているというのは大きかったですね」と語り、今回の徳山病院敷地内での直営店のオープン、そして徳山病院と連携してのプログラムの取り組み実施という流れとなったと説明しました。

このプログラムでは、徳山病院での健康診断結果に基づき、BMIや腹囲など検査項目において2項目以上「基準値」より高値・低値に該当した方をプログラム会員の対象として認定し、当該の方へトレーニングメニューの作成などを介して継続的な運動環境を整えサポートするとのこと。

こういった医療機関からの診断データを提供してのトレーニングサポートというのは、国内で史上初の試みなのではないかと語る高山理事長。

また、価格についても通常よりさらにリーズナブルとし、月3,300円(税込)で利用出来るほか、店舗に専属するトレーナーによる指導なども受けられるそう。

この取り組みによって地域の健康増進を目指すとし、元々周南市で取り組まれていた「スマートライフチャレンジ」事業とも連携・協賛し、メディカルとウェルネスをシームレスに繋いだ健康増進の新たな価値の提供を目指していくそうです。

 

24時間年中無休のフィットネスクラブであるエニタイムフィットネスと、地域の医療機関である徳山病院がタッグを組んだ今回の新規店舗オープンと新たな取り組み。

エニタイムフィットネス初の試みでありながら、「ぜひ1年後・2年後の結果に注目して頂きたい!どんな成果が出ているのか、逆にどんな失敗をしているのかも含めてご注目ください」と自信を見せる土屋社長と高山理事長。

通常通りの営業も行う店舗のため、一般会員も問題なく利用出来る施設とのことで、利用者同士の新たな交流の場としても期待がもたれます。

土屋社長の言う通り、1年後・2年後どうなっているのか今から非常に楽しみです。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事

TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。

  1. 「atmos × ASICS SportStyle」総柄を落とし込んだ”MAPシリーズ”別注モデルを発売

  2. 「LILY BROWN(リリーブラウン)」宮脇咲良とのコラボアイテム第5弾が発売

  3. 「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」メルセデス ミーで特別展示や期間限定メニューを発売

RELATED

PAGE TOP