国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

新感覚の唐揚げ専門店「鶏唐揚げとパクチー。時々ごはん アジカラ」千代田区にオープン!

飲食店およびゴーストレストランを運営・企画・支援する株式会社ShiSi(シシ)は、デリバリー専門のチキンブランド「鶏唐揚げとパクチー。時々ごはん アジカラ」を2021年6月8日より「Uber Eats」でサービスを開始することを発表しました。

アジアをイメージしたオリジナルソースを使用した唐揚げを、どっさりのパクチーと共に楽しむことが出来るブランドがこの度登場となります。

 

新感覚唐揚げ専門店「鶏唐揚げとパクチー。時々ごはん アジカラ」オープン

株式会社ShiSi(シシ)は、飲食店およびゴーストレストランを運営および企画・支援施策を行なっている企業。

フードデリバリー上で実店舗を営業しているノウハウを生かしたバーチャルレストランを展開し、ただデリバリーで売り上げを上げるのではなく、実際の店舗との共栄に特化した業態の開発・展開を行なっていることが特徴だそう。

そのShiSiより、アジアをイメージした鶏唐揚げの専門店がオープンすることが発表されました。

2021年6月8日より「鶏唐揚げとパクチー。時々ごはん アジカラ」が千代田区飯田橋でサービス開始。「アジカラ」はUberEatsでのデリバリーサービスにて近隣エリアで注文することが可能となっており、アジアの刺激的な香辛料や料理にに魅了され、尊敬を持って作られたブランドです。

アジカラより展開される商品の中で、お食事には「アジカラオーバーライス」がオススメとのこと。

「アジカラオーバーライス」は「アジカラ」をタイ料理のカオマンガイやシンガポールの海南鶏飯でおなじみのチキンスープで炊き上げたジャスミンライスの上に乗せ、たっぷりのパクチーを添えたオリジナルの1皿。

おうちで「アジア旅」のひとときを楽しむことが出来る1皿となっているとのことで、昨今の情勢下で旅行の自粛などでお出かけが出来ない方に、ぜひ食べて欲しいものとなっています。

 

メニュー紹介

「アジカラ」の唐揚げは柔らかくクセの無い鶏肉を特製の調味液に一晩漬け込み、専用に配合した衣付けをして寝かせてから揚げることで、表面はサクサクとして中はジューシーに仕上げているそう。

「ライム&スイートチリ」を始めとし、料理長がアジアを旅してインスピレーションを得た6種のソースを用意。ソースとの相性も抜群で、長い時間サクサク感が持続する衣もデリバリー専用ブラントとしてのこだわりの1つとなっています。

 

●ライム&スイートチリ

 

●エスニックチリマヨ

 

●マンゴーチリ

 

●ホットシラチャー

 

●麻辣油淋(マーラーユーリン)

 

●コリアンヤンニョン

 

●二種類のソースが選べる「ハーフ&ハーフ」

 

更に詳しく知りたいという方は、「公式ホームページ」及び「Uber Eatsアプリ・サイト」をご確認ください。

公式ホームページ:https://www.delilab.shop/asikarage

 

アジアのエスニック感を堪能出来る6種のソースと、大量のパクチーでアジアの旅を味わえる唐揚げ専門店「鶏唐揚げとパクチー。時々ごはん アジカラ」

6月8日よりオープンとなるので、ぜひ近隣の方は注文してみてはいかがでしょうか。

Facebook
スポンサードリンク
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする