ファッション&カルチャーなど流行を発信するメディア

IT

「ブロックバリュー」が役職者を対象に調査を実施!まだあまり知られていないデータセンタービジネスと市場動向

地方創生をテーマに、日本最高品質のデータセンター環境の構築に注力する株式会社ブロックバリューは、全国の企業に勤めている役職者の男女1,101名を対象に「データセンターに関する調査」を実施しました。

 

ブロックバリューが全国の役職者に「データセンターに関する調査」を実施

 

ブロックバリューとは

ブロックバリューは2022年に設立。最新の技術を活用し、GPUの高い処理能力を生かしたソリューションを提供している企業。

特に、人工知能の学習方法として注目されている「ディープラーニング」の分野において、先進的な取り組みを行っています。

ディープラーニングは、ECサービスなどで利用される購買データのレコメンド機能をはじめとする、日常生活の様々な場面で活用されているそう。

ブロックバリューは、このようなディープラーニングによる技術革新に積極的に取り組み、将来の需要を見込んだサービスの提供に努めているのだとか。

また、情報の処理速度の向上に不可欠なGPUの計算力を最大限活用するため、カリフォルニアの技術チームが開発した部品を使用し、日本のエンジニアが組み立てを実施するGPUサーバー製造事業も展開。

この協業により、ブロックバリューでは高速なGPUマシンの製造が可能。

現在、日本のGPU市場には競合他社が少ない状況であるものの、ブロックバリューは技術力を更に高め、市場のリーディングカンパニーとしての地位を確立することを目指しているそうです。

 

役職者1,101名を対象に「データセンターに関する調査」を実施

日本全国の企業に勤めている役職者に“「データセンター」という言葉を知っていますか?”と質問したところ「良く知っている」は32.6%と、役職者の約3割程度しかいないという結果に。

「知らない」14.2%
「あまり知らない」16.6%
「なんとなくしか知らない」36.6%

知らないという回答は上記となり、殆どの役職者が「データセンター」をきちんと認識出来ていないことが調査結果から明らかとなりました。

一方で「データセンター」とはどういったものなのかをきちんと認識出来ている人の約8割は「データセンター」がどのようなものなのかをしっかり理解出来ている結果となり、役職者における知識がある人・そうでない人の差がはっきりと浮かびあがっています。

 

データセンターを活用したビジネスは日本に適していると約半数が回答

上記の質問に続いて「データセンター」の基本的な説明を行なった後に、“「データセンター」を活用したビジネスが日本に適していると思うか?”と質問したところ、49.8%と約半数が「とてもそう思う」と回答しました。

また“「データセンター」を活用したビジネスは日本として伸びていく市場だと思いますか?”という質問には「とてもそう思う」が28.9%、そして「ややそう思う」が38.0%と、合わせて約7割の方が伸びていく市場として捉えた結果となりました。

 

データセンターに様々な企業メリットを感じている結果に

「データセンター」を活用したビジネスに対する期待値の高さが浮かび上がった中で、具体的には“どのような企業メリットがあると思うか?”という質問を実施。

その結果、一番多かった回答が「企業データの安全保管」の47.7%となり、続けて

・「より効率的な業務の実現」34.9%
・「BCP対応として災害時などを想定したデータの分散保管」30.8%
・「自社でのデータセンター所有とデータ保管場所を賃貸することによるリスク分散」23.8%
・「ビジネスプロセスの信頼性の向上」22.8%
・「ビジネス競争力の向上」22.3%

という回答結果に。

「データセンター」について、企業データの安全保管やデータ保管におけるリスク分散といった“直結する企業メリット”だけではなく、“ビジネスにおける信頼性や競争力の向上”にも繋がると考えている役職者が多くいるということが分かりました。

 

データセンターの重要性と「データセンター市場」の拡大について

データセンターは、サーバーやデータ通信・電話などの装置を安全に設置・運用・保管する目的で構築された施設。

日々増大するデータ容量の使用量を安全に運用することは、多くの企業にとって極めて重要です。

安定した稼働と信頼性の高いデータ保管先としてのデータセンターの需要は、世界的にも拡大しており、今後もさらに増加することが見込まれているそう。

また、日本では地震などの災害リスクも考慮されるため、データセンターの重要性は他国よりも高くなるのは必然と言えるでしょう。

さらに、データセンターを利用する企業の視点から見ると、データセンターの効果的な活用は「企業のシステムを安定稼働させ、データを安全に保管する」という、現在では“最も重要なリスク回避手段”となっています。

このように需要が高まりつつある「データセンター」はビジネスモデルとしても注目を集めており、例えば日本ではオフィス・レジデンス・商業施設・物流施設など、様々な特化した銘柄が存在してる中で、アメリカではデータセンターに特化したREIT※(リート)も登場し、その規模の大きさが伺えます。

※複数の投資家から集めたお金を不動産に投資し、家賃収入や売却益を投資家へ分配する不動産投資信託のことを指します。

今後も、データセンターの重要性がますます広まり成長することで、いずれは日本国内でもデータセンター特化REITの上場も期待されると説明しています。

 

電力の安定供給と豊富な水資源によって生まれる日本の魅力

近年、エネルギー価格の上昇が続いているものの、日本における「データセンター」関連ビジネスにおいては、電力・通信の安定性が確保されており、さらに大量の水が安価に手に入るという利点がある点が大きいそう。

日本のデータセンター施設の数はまだそれほど多くないものの、今後は特に「外部委託するタイプのデータセンター」の需要が増えると予想されているそう。

その理由として「国内のデータセンターを活用することがセキュリティ的にも安心である」と考える企業が増加していくことが挙げられます。

この動向を受け、日本のデータセンター業界は成⻑の機会を見出しており、安定したエネルギー供給と豊富な水資源を背景に、日本のデータセンターは国内外の企業にとって非常に魅力的な選択肢となっているのだとか。

今後の展望としては、国内のデータセンター市場がますます盛り上がり、日本がデータセンター業界における重要なプレーヤーとなることに期待しているとコメントしています。

 

企業の安全というだけでなく、ビジネスモデルとしても注目を集めているデータセンター。

「今後を見据えてデータセンターを活用したい」「データセンターについて話を聞きたい」という企業代表や役職の方は、ブロックバリューに一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

URL:https://blockvalue.co.jp/

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事

TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。

  1. 「GLOBAL WORK KIDS × FILA」オシャレ感度の高い女の子に向けたコラボコレクション発売

  2. 「大阪・関西万博開幕1年前イベント」テーマ事業プロデューサー8名のトークセッションや公式ユニフォームを披露

  3. 「emmi × PARKS PROJECT」2度目となるコラボコレクション3型を発売

RELATED

PAGE TOP