ファッション&カルチャーなど流行を発信するメディア

ライフスタイル

牛乳石鹸による「赤箱・青箱どっち派?」好みが分かれる結果となった全国調査の内容を発表!

牛乳石鹸共進社株式会社(以下、牛乳石鹸共進社)は、幅広い世代に親しまれている永遠のロングセラー商品「カウブランド赤箱・青箱」の地域性や人気の理由を紐解く「カウブランド赤箱・青箱どっち派?」という調査を全国4,700人を対象に実施し、その調査結果を発表しました。

 

「カウブランド赤箱・青箱どっち派?」牛乳石鹸に関するアンケート調査を実施

 

牛乳石鹸の「赤箱」「青箱」の違い

牛乳石鹸は1909年(明治42年)創業以来、「美と清潔 そして健康づくりに役立つ」製品を開発してきた牛乳石鹸共進社が販売する「カウブランド」の石鹸。

カウブランド赤箱・青箱は2016年度グッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞したパッケージだけではなく、洗いあがりや香りなど、好みに合わせて選ぶことが出来る機能にもこだわっています。

赤箱・青箱の両商品に含まれているミルク成分は、新鮮な牛乳から作られているミルクバターのことで、肌をなめらかにしながらもキメを整えてくれる洗い上がりとなっており、赤箱はさらにしっとりとした洗い上がりに、青箱はさっぱりした洗い上がりが特徴です。

今回、「牛乳石鹸の赤箱と青箱、あなたはどちら派ですか?」というアンケート調査を実施したこと、そしてその結果を牛乳石鹸共進社が発表しました。

 

意外と接戦?「赤箱・青箱全国大調査」の結果発表!

 

使用率はほぼ半々という結果に!

赤箱、青箱の使用について尋ねたところ、全体の50.8%が赤箱、49.2%が青箱を使用しており、その差は僅か。使用率自体はほぼ同数という結果となりました、

 

利用率に地域性があることも判明

また、都道府県別においては赤箱派が25都道府県、青箱派が21県という結果になり、特に東北・甲信越・関西は赤箱派、東海や中四国・南九州は青箱派の傾向があることが判明しました。

山梨県においては赤箱派50%・青箱派50%と同等の結果になり、地域性の違いが明らかになりました。

 

本社がある「大阪」や「東京」では赤箱派が強い傾向に

牛乳石鹸の本社を構えている「本拠地」とも言える大阪府では、赤箱派が全体の70%(n=100)と多くの人に支持されていることが分かりました。

一方、東京(n=100)でも全体の62%が赤箱派と回答しており、東京にも赤箱が進出している状況が伺えます。

 

赤箱派は「しっとり感」青箱派は「さっぱり感」を求める傾向

赤箱派、青箱派それぞれの洗顔料やボディーソープのこだわりとして、赤箱派は「しっとり感がある」「乾燥し過ぎない」などのしっとり感を求める声が多いことが分かりました。

一方で青箱派は「さっぱりする」「泡切れの良さ」などさっぱり感を求める声が多い傾向となっていることが明らかとなり、それぞれの好みによって利用している牛乳石鹸が異なっていることが分かります。

 

赤箱・青箱のロングセラーの理由

牛乳石鹸を好きな理由や使い始めたきっかけなど、支持する理由を尋ねたところ、「肌にやさしいから」が30.1%で最多、次いで「コスパが良いから(30.0%)」「品質が良いから(28.5%)」の順に多いことが分かり、高品質かつコストパフォーマンスが良いイメージを持つ人が多い傾向にあることが判明しました。

発売当時から牛乳石鹸共進社が守ってきた「やさしさへのこだわり」が、ユーザーから支持される理由に繋がっていることが分かります。

 

「カウブランド赤箱・青箱どっち派?」キャンペーンも開催中

牛乳石鹸公式のSNSアカウント(Twitter、Instagram)では、11月1日〜1月10日の期間中で、「カウブランド赤箱・青箱どっち派?」キャンペーンを開催中。

公式ツイートを引用して自分の好みの石鹸(赤箱または青箱)とのエピソードを添えてツイートすると、抽選で20名に赤箱・青箱ご希望の「メガ箱(216個入り)」、100名に「デカ箱(27個入り)」のいずれかをプレゼントする特別なキャンペーンとなっています。
●カウブランド赤箱公式Twitter/Instagram:@cowakacp
●「カウブランド赤箱・青箱どっち派?」キャンペーン特設サイト:https://www.cow-soap.co.jp/akaaodotti/

 

商品詳細

カウブランド赤箱

●種類・希望小売価格
レギュラーサイズ:1コあたり90g/税込110円(1コ・3コ入・6コ入)
(11月1日メーカー出荷)
赤箱125:1コあたり125g/税込132円(1コ・2コ入)
ギフト用:1コあたり90g/税込1,100円(10コ入)
(11月1日メーカー出荷)
●全成分:石ケン素地/香料/乳脂(牛乳)/スクワラン/水
ステアリン酸/酸化チタン/EDTA-4Na
●販売地域:全国発売

 

カウブランド青箱

●種類・希望小売価格
レギュラーサイズ:1コあたり85g/税込96円(1コ・3コ入・6コ入)
バスサイズ:1コあたり130g/オープン価格(3コパック)
ギフト用:1コあたり85g/税込968円(10コ入)
●全成分:石ケン素地/香料/乳脂(牛乳)/水/ステアリン酸
酸化チタン/EDTA-4Na
●販売地域:全国発売

 

カウブランドのロングセラー商品である「牛乳石鹸」の赤箱・青箱についてのアンケート調査は、非常に興味深い結果となりました。

全体で見るとおよそ半々の利用率でこそあるものの、個人の好みだけでなく、地域によって大きな差が出る結果となった今回の調査。調査結果について詳しく知りたい方は、特設サイトにてご確認ください。

【調査概要】
調査内容:石鹸に関するアンケート
調査対象者:性別-男女、年齢-20歳〜69歳
調査数:4,700人(各都道府県男女50名ずつ)
設問数:5問
調査期間:2022年8月9日〜17日
※牛乳石鹸共進社株式会社調べ
「カウブランド赤箱・青箱どっち派?」調査特設サイト:https://www.cow-soap.co.jp/akaaodotti/

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事

TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。

  1. 「LILY BROWN(リリーブラウン)」宮脇咲良とのコラボアイテム第5弾が発売

  2. 「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」メルセデス ミーで特別展示や期間限定メニューを発売

  3. DMMの新たなエンタメサービス「DMMプレミアム・DMM TV」アンバサダーにオードリー春日・雨宮天が就任

RELATED

PAGE TOP