国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

バイカーの悩み解決!「バイク生活を最適化するライダー専用デニムウェア」が登場!

「ファッション性」と「機能性」を両立したブランド「BLUE MONSTER CLOTHING」(以下、BMC)を運営する株式会社ブリッツワークスは、クラウドファンディングサービス「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」にて、のべ200名のライダーの意見から生まれた「ライダー専用デニムウェア」のプロジェクトを12月15日12:00から開始したことを発表しました。

“ライダー専用”と銘打った、バイク生活を最適化するデニムウェアに注目が集まっています。

 

ライダー専用のデニムウェア【バイク生活を最適化するライダー専用デニムウェア】が登場!

バイク乗りのファッションは、ライダースやデニムなどを想像する方が多いかと思います。

しかし市販のアイテムでは可動域の問題で乗りづらかったり、動きづらいという点があります。かといって、専門店で売られているバイク専用のウェアは「ダサい」「高い」という声も多く出ており、バイク用のウェアを街中で着る、つまりタウンユースすることが難しいという点が悩みとして浮上していました。

そんな悩みを解決してくれるアイテムとして登場したのが、ライダー専用デニムウェア。

株式会社ブリッツワークスが展開するアパレルブランド「BMC」は、過去10回連続でクラウドファンディングで展開したプロジェクトを成功させており、クラウドファンディングでは確かな実績を持つ数少ないファッションブランド。そして今回のプロジェクトを機に、BMCはバイクウェア市場に参入することも発表しています。

今回登場した製品のコンセプトは「ファッション×バイク×ファンクション×セーフティー」。「おしゃれ」で「機能的」で「安全性」にも優れたバイクウェアの提案です。

普段の街着にも使えて、撥水加工で急な天候の変化に対応、バイクの乗り降り・運転中の動作全てに最適化された立体構造。ライダーにとって長く付き纏っていた「長時間運転の疲れ」「面倒なプロテクターの着脱と野暮さ」など全てを解消。更にはスマホポケット付き、伸長率17%のストレッチ性、高品質日本製と嬉しい要素が満載です。
※プロテクターは自身でご用意ください。

 

事の発端は、バイク系YouTuberからのバイクウェア製作依頼。開発を進めていく上で、自社の顧客である「職人」の多くがバイクで通勤していた事を知り、本格的な開発に着手しました。また、ブリッツワークス代表の青野 睦氏自身もこれを機にバイクを購入し、一連のバイクライフを発信するYouTube番組をスタート。

ローリー青野として、バイクライフを配信しています。

ライダーの意見を集める中、バイクウェアの欠点として特に挙げられたものが、「日常着として使いにくく、ファッション性が欠如している」という点。

バイクウェア専門のブランドも市場には存在するものの、タウンユース出来るものが少ないことから、ファッション性における課題が多く残っているのが現状となっているそう。

これに目をつけた一部のファッションブランドがバイクウェアを提供していますが、安全性・機能性に乏しいものが多く、機能を担保しながら日常着として活用出来るバイクウェア開発を目指したのが本プロジェクトと説明しています。

また、日本製にもこだわるほか、よく伸びるストレッチ加工に傘と同等の撥水加工も施し、デザイン性だけでなく着心地やバイク乗車時のニーズにも応えた製品です。

BMCは「ファッション性を担保した作業服」ブランドでもあり、「fashion×function(機能)」がコンセプト。

ブランドの強みとバイカーの悩みの解決を目標に、試行錯誤の末完成したのが、このライダー専用デニムウェアなのだそうです。

以下、商品詳細です。

 

【バイク生活を最適化するライダー専用デニムウェア】

●ライダー専用ジーンズ

アイテム:R78GT
カラー:21S00 撥水
サイズ:XS、S、M、L、LL、3L、4L
生地:綿98%、ポリウレタン2%
原産国:日本
発送開始:4月下旬

 

●ライダー専用デニムジャケット

アイテム:U02GT
カラー:21S00 撥水
サイズ:XS、S、M、L、LL、3L、4L
生地:綿98%、ポリウレタン2%
原産国:日本
発送開始:4月下旬

※本プロジェクトの製品のサイズについては、プロジェクトページにて必ずご確認ください。

 

 

バイク乗りの方にとっては非常に嬉しいアイテムと言えます。バイク乗車時の機能性や安全性だけでなく、デザイン面にもこだわり、タウンユースにも着回せ、価格帯も高すぎないデニムウェア。バイカーが待ち望んでいたアイテムと言っても過言ではないのではないでしょうか。

ジーンズ、デニムジャケット共にCAMPFIREにて12月15日12時よりプロジェクト開始となります。興味がある方、バイクに乗っている・乗るつもりがあるという方は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

プロジェクトページ:https://camp-fire.jp/projects/view/333012

Facebook
スポンサードリンク
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする