ファッション&カルチャーなど流行を発信するメディア

メンズ

【DUSK STUDIO】奄美大島の伝統技術”泥染”を施したレザースニーカーをWEB発売開始

株式会社ルーツアンドシューツが展開するシューズブランド「DUSK STUDIO(ダスクスタジオ)」は、2022年8月2日にオンラインストアをリニューアル。

このリニューアルを記念して、奄美大島伝統の泥染を施したレザーを使用したスニーカーを、オンラインストアにて発売開始することを発表しました。

 

奄美大島の泥染をしたレザーで作るスニーカーがWEB発売開始

DUSK STUDIO(ダスクスタジオ)は、2020年にリリースされたシューズブランド。

「Traditional,Innovative and Creative」をブランドコンセプトとして掲げ、伝統を重んじつつ革新的なシューズを生み出しています。

ラストと呼ばれる足型から作られるシューズには、ファッションや音楽、グラフィックをはじめとしたデザイナー自身のバックグラウンドを反映。他のブランドにはない「ハイブリッドフットウエア」を世に放っています。

DUSK STUDIOでは、革靴づくりのノウハウと奄美大島伝統の「泥染」の技術を融合したレザースニーカーを販売中。

この度、オンラインストアのリニューアルを記念して、蔵前店でのみ販売していた泥染レザーを使用したスニーカーのWEB販売を開始することを発表しました。

泥染(どろぞめ)とは、鹿児島県の南方に位置する奄美大島でのみ作られる「大島紬(おおしまつむぎ)」を染色する際に使う、1300年以上もの歴史を持つ染色技術。

奄美大島に自生している「テーチ木」の染料で染色をした後、目の細かい泥に浸すことで、布や皮革は特有の色合いに染まっていきます。

特にレザーの染色は非常に難しく、手法の確立までに10年以上もの歳月を費やしたと説明。化学染料では再現できない深い色合いが、様々な世代からの人気を集めています。

これまで、泥染を用いてレザースニーカーを作る試みはほとんど行われて来なかったのだそう。

しかし、DUSK STUDIOでは「泥染でしか醸し出すことの出来ない風合い」をシューズに纏わせたいと考え、製作を決意。

その想いが込められた泥染レザースニーカーが、WEB上でどなたでも手に入れられる絶好の機会となっています。

 

アイテム詳細

●DS-002SP DOROZOME

カラー:DORO
価格:27,500円(税込)
サイズ:25、26、27、28

販売ページ:https://duskstudio.myshopify.com/products/ds-002sp-doro?variant=43356442525919

 

奄美大島の伝統的な染色手法「泥染」で作られたレザースニーカー。特徴的な柄とニットアッパーの柔らかさ、そしてソールの快適さで、履き心地は抜群です。

気になる方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

公式WEBサイト:https://duskstudio.myshopify.com

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事

TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。

  1. 「atmos × ASICS SportStyle」総柄を落とし込んだ”MAPシリーズ”別注モデルを発売

  2. 「LILY BROWN(リリーブラウン)」宮脇咲良とのコラボアイテム第5弾が発売

  3. 「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」メルセデス ミーで特別展示や期間限定メニューを発売

RELATED

PAGE TOP