国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

H&M史上で最もリサイクルされたサステナブルなデニムコレクションが発売

H&Mは、これまでにもサステナブルなデニムを作るための活動を継続し続け、今回史上最も多くのリサイクル素材を使用したデニムコレクションを発売することを発表しました。

サステナブルな取り組みが求められ、アパレル業界でも様々な取り組みが行われてきましたが、天然資源の乱用を極力抑えることを目的とし、率先して活動してきたH&Mのサステナブルデニムコレクションが登場となります。

 

H&Mリサイクルデニムコレクション発売

H&Mは、よりサステナブルなデニムを作るための活動を続けている中で、史上最も多くのリサイクル素材を使ったデニムのコレクションを発売すると告知しました。

2021年秋に発売される本コレクションでは、バギージーンズ、ルーズなストレートレッグジーンズ、トラッカージャケット、オーバーサイズのオーバーシャツ、バケットハット、ショッパーなどが展開されることを発表。

それぞれが1990年代のゆったりとしたクールさにインスパイアされた、ルーズなシルエットが特徴となっているコレクションです。

H&M史上最も多くのリサイクル素材を使用した本デニムコレクションは、バージン素材(新品の素材のこと)の使用を削減し、既存の素材を再利用することで天然資源への依存を回避し、循環型システムの中で素材を取り扱うことを目的としています。

2025年までにリサイクル素材の使用を全体の30%まで引き上げるという目標を掲げており、本コレクションはこのH&Mの新たな目標を後押しするコレクションとなっています。

コレクションアイテムは100%リサイクルされた生地・糸・ラベル・ポケットを使用し、一部はリサイクルされた金属製のジッパーやトリムを使用しているとのこと。また環境への負荷が少なく、有害な化学物質を使用しない洗濯方法を採用することで、さらにサステナブルなデニムとなっています。

「リサイクル・デニムコレクション」は、9月9日に限定店舗および公式オンラインサイト(hm.com)にて発売となります。

倫理的で環境効率の高いサステナブルな繊維・アパレル産業の実現を目指すテクノロジーメーカー「Jeanologia」により検証された環境への負荷が低い洗浄方法を染色した生地の洗濯に採用したり、従来の染料よりも水の使用量を抑えられる染色方法などを使用しています。

また、製品の透明性を確保するための1つとして、衣服のライフサイクルのさまざまな段階における環境への影響を評価している「LCAデータ」を公式オンラインストアにて公開。誰でも確認することが出来るようにしており、これらの点にH&Mのサステナブルな取り組みへの真摯さが表れていることが分かります。

 

コレクションアイテム紹介(一部抜粋)

●バギーハイデニム

価格:3,999円(100%リサイクルコットン使用)

 

●バギーハイデニム(ブラック)

価格:3,999円(86%リサイクルコットン 14%リサイクルポリエステル使用)

 

●オーバーサイズ デニムジャケット

価格:5,999円(86%リサイクルコットン 14%リサイクルポリエステル使用)

 

【オンラインストア限定】

●ルーズストレートハイデニム

価格:5,999円(100%リサイクルコットン使用)

 

●ルーズストレートハイデニム(ブラック)

価格:5,999円(86%リサイクルコットン 14%リサイクルポリエステル使用)

 

●デニムジャケット

価格:5,999円(100%リサイクルコットン使用)

 

発売日:9月9日
商品型数:全8種類
商品価格帯:3,999~5,999円
展開店舗:一部店舗を除く全国の店頭および公式オンラインストア(hm.com)

上記で紹介したアイテムは一部となっており、他にもショッパーやバケットハットなども展開します。

9月9日より発売予定となっているので、サステナブルな取り組みをしている企業の製品を積極的に購入したいという方や、H&Mのファンの方はお見逃しなく。

Facebook
スポンサードリンク
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする