国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

紙製アクセサリーブランド「けはひ」紙の指輪がMotionGalleryにて募集開始!

デザイン事務所SEINIKAKU DESIGNは、紙のアクセサリーブランド「けはひ」を立ち上げ、クラウドファンディングプラットフォームのMotionGalleryにて10月23日よりクラウドファンディングを開始したことを発表しました。

一つずつ手作りされた紙の指輪や雑貨などの複数のリターンを用意し、12月25日まで募集を行います。

 

紙のアクセサリーブランド「けはひ」より紙の指輪が登場!

「けはひ」とは古語で 「 雰囲気、品位、面影 」 という意味があり、身に着けるだけで雰囲気になるような、日本の美としての品を纏(まと)うような、誰かの面影や思い出の一部と溶け合うような、そんな紙を使ったアクセサリーブランド。

そのけはひから今回、紙製の指輪が登場します。

「けはひ -紙の指輪-」は一つずつ手作りされた紙の指輪です。

紙を積層させ特殊な着色接着剤で接着することで強度を出しており、さらに紙の層を削り出しながら制作するため、色の出方やそれらが織りなす指輪の表情はたとえ同じ色味であったとしても全て個性があるそう。

大量生産品では味わえない自分だけの唯一無二の指輪を得ることが出来ると説明しています。

 

素材の約95%は紙でできているため、金属や他の指輪と違い、軽いです。一般的な金属類のリングは3〜8g程と言われていますが、紙の指輪は0.5〜1g程の重量しかありません。

数字で見ると小さな違いですが、長時間の指に対する負荷のかかり方は違ってきます。そのため、指に対する負荷がなく、長時間つけていても全くストレスがありません。

装着していて違和感がなく、体の一部となるような感覚で肌に馴染みます。

しかし紙製と聞くとすぐに壊れてしまうのではないかと心配されるかと思いますが、重ね合わせた上で撥水加工や仕上げのコーティングも施してあるため強度も兼ね備えており、紙とは思えない耐久性を持っています。

それでいて一つ一つが手作りのため、同じ色合いがない世界にただ一つの指輪となっています。

また、素材の9割以上を紙で制作しているため、金属アレルギーをお持ちの方でも心配なく指輪をはめることが出来る点も優秀です。

 

製品の詳細は以下の通りです。

●けはひ

サイズ:20×20×10(mm)
重量:0.5〜1g
素材:紙
クラウドファンディングページ:https://motion-gallery.net/projects/seinikaku_kehahiproject
ブランド詳細:https://seinikaku.com/kehahi

 

紙製の指輪ということで、金属アレルギーを気にする必要もなく、さらに重量もほとんど感じない程となっているということで、使い心地はかなり良いものとなっていそうです。

耐久性もしっかりしており、一つとして同じものがない、自分だけのオリジナルの指輪を手に入れることが出来ます。

興味がある方はぜひクラウドファンディングページへアクセスし、チェックしてみてはいかがでしょうか。

Facebook
スポンサードリンク
TORSO_JACK編集部
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする