国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

雨の日を楽しむためのD2Cブランド「Rainy, But I’m Fine」第一弾アイテム発売!

株式会社Quark tokyoのクリエイティブブティックであるQT by quark tokyo(キューティ バイ クォークトーキョー)が運営する、雨の日を楽しむためのD2Cブランド「Rainy, But I’m Fine(レイニー バット アイム ファイン)」が、第1弾となるオリジナル商品であるTシャツと傘の販売を開始したことを発表しました。

次の雨の日が待ち遠しくなること間違いなしのアイテムが登場すると告知しています。

 

雨の日を楽しむためのコンテンツ「Rainy, But I’m Fine」登場

日本では、なんと年間で平均124日も雨の日があるのだそう。これは一年の約1/3に該当します。言い換えるなら、日本人は人生の1/3は雨の日を過ごしていることと同義です。

そんな雨の日に使って気分を上げるためのプロダクトを作りたいという想いから、ディテールやデザイン、細部にまでこだわってできたこの「Rainy, But I’m Fine(レイニー バット アイム ファイン)」オリジナルアイテム第一弾。

傘は雨の日で億劫になりがちな外出を楽しく、Tシャツは触り心地がよい厚手の生地を選ぶことで着用中のストレスフリーな質感を重視し、3色展開で登場。憂鬱な雨の日を体験するすべての人のもとへ幸せな気持ちが届きますように、と心を込めて制作したと語っています。

このプロダクト、実は利益を重視して作ったものではなく、本当に雨の日を楽しんでもらいたくで作成したのだとか。

そのため「Rainy, But I’m Fine」では売り上げ利益の10%を日本財団、赤い羽根共同募金、日本赤十字社の3団体、いずれかへ寄付。寄付金は災害復興支援全般に活用されるとのこと。また、ECサイトでは販売しているプロダクトの原価表示も行っており、安心・信頼のおけるブランドとして今後も活動を行なっていくと説明しています。

 

さらに日本で最も雨の日が多い石川県にて、ブランド初となるTVCMの放送を開始!Rainy, But I’m Fine公式Instagramでは、雨の日を楽しく過ごすための「#雨の日きゅん」プレゼントキャンペーンを開催中。

初めてブランドのTVCMを放送するにあたって、石川県を選んだ理由は全国で最も降水日数が多いことに由来します。日本では平均124日間雨が降るのに対し、石川県では平均降水日数を大きく上回る185日間が雨。なんと、全国で最も多く雨の日を体験している場所だったのだとか。

そのためまずは日本で雨が最も多い石川県の方に、雨の日を楽しさを伝えたいという思いから石川県を選んだそうです。


スワイプ篇


リリックビデオ篇

 

また、「雨の日」にこそ体験する価値や、過ごしてみたいと思える経験をRainy , But I’m Fineがプレゼントするとして、「#雨の日きゅん キャンペーン」も開催しています。

現在はIPSAの人気乳液「MEセンシティブe2」を10名にプレゼントするこのキャンペーン。毎週ギフトと当選人数が変わる、雨の日を楽しく過ごすためのキャンペーンとのこと。詳細はインスタグラム公式アカウントにてご確認ください。

公式アカウント:https://www.instagram.com/rainy.but.im.fine/

 

雨の日はどうしても気分が落ちてしまったり、憂鬱な気持ちになってしまいがちです。しかし、そんな雨の日も良いものだと思えるようになれば、人生の1/3が素晴らしい日に変わることでしょう。

Rainy, But I’m Fineのアイテムをゲットしたりキャンペーンに参加して、憂鬱な雨の日の気分を一変させてみてはいかがでしょうか。

Facebook
スポンサードリンク
TORSO_JACK編集部
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする