国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

「残糸・残布」アップサイクルプロジェクト「RYE TENDER(ライテンダー)」2020秋冬よりスタート

サステナブルな社会を目指すため、廃棄される服や布といった素材が非常に多かったアパレル業界で、積極的に取り組まれているリサイクルやアップサイクルといった試み。

株式会社インターソナーは、上述した取り組みを元に、本来は生産の過程において廃棄されるはずだった残糸・残布といった「余り原料」から生産した衣服を世の中へ届けるプロジェクト「RYE TENDER」を2020秋冬シーズンより開始することを発表しました。

 

残糸・残布などの「余り原料」をアップサイクルするプロジェクト「RYE TENDER」始動!

同プロジェクトを設立するきっかけとなったのは、ファウンダーの澤木とディレクターの小池が出会った米ニューヨークでの経験です。生活者一人ひとりにサステナビリティの意識が根付き、手に取れる商品の中に環境に配慮されたものが当たり前に存在する。

そうした環境に身をおいた 2人が、帰国後自分たちの手の届く範囲でより良い「循環」を生み出していくために RYE TENDERを立ち上げたと説明しています。

RYE TENDERの特徴として、残糸・残布との出会いから始まる生産プロセスが挙げられます。

商品開発をする上で、従来のマーチャンダイジング的な考え方は採用せずに原料を起点に商品開発を行い、生産規模を決定しているとのこと。

また、デザインに合わせて素材を選ぶのではなく、その素材の持つ本来の魅力を引き出すデザインプロセスを取っていると説明。

余り原料を使用すること、流通の過程を一元化することにより、市場の一般的な価格よりも低い価格設定が可能となっており、サステナブルなアイテムでありながら手を出しやすい価格も実現しています。


余り原料保管の様子

 

今シーズンのコレクションは全て中国の工場の残糸を使用。この工場では糸を大切に保管・管理していた為、今回のプロジェクトを円滑に進める事が出来たと説明しています。

工場の方々にも趣旨を説明、理解してもらう事で気持ちに一体感が生まれ、良い関係を築きながらプロジェクトを進めることが出来たようです。


中国の生産工場でのコレクションアイテム製作の様子

 

本コレクションはベーシックなニットアイテムを軸に展開し、アイテムごとにフリーサイズ、もしくは 2サイズ展開、カラーはベーシックなブラック・ホワイト・グレーに加え、グリーン・ピンク・パープルなどの色味を揃えています。

以下、一部アイテムを紹介致します。

 

●DUANE PARKA(デュアン パーカ)

価格:17,000円(税抜)
サイズ:1 / 2

 

●HUDSON CARDIGAN(ハドソン カーディガン)

価格:17,000円(税抜)
サイズ:1 / 2

 

●MOORE SWEATER(ムーアセーター)

価格:15,000円(税抜)
サイズ:0

 

余り原料を活用することにより、品質を維持しながら市場の一般的な価格よりも低い価格設定を可能とし、廃棄される余り原料をアップサイクルすることで、サステナブル活動にも貢献しています。

2020秋冬コレクションからスタートするRYE TENDERから販売されるアイテムラインナップは、全て着回ししやすく扱いやすいベーシックなアイテム。カラーバリエーションも十分です。

個人でも出来るサステナブルな活動の一環として、ぜひRYE TENDERのアイテムコレクションを手に取ってみてはいかがでしょうか。

Facebook
スポンサードリンク
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする