ファッション&カルチャーなど流行を発信するメディア

ライフスタイル

「もっと子供と交流を増やしたい!」シニア世代の半分以上が回答した本音と2022年の帰省事情

株式会社SMBCファミリーワークスは、子供がいる全国の60代〜80代の男女のうち、子供と同居していない方計500名を対象として、「親子のコミュニケーションに関する調査」を実施し、その結果を発表。

その結果、子供とのコミュニケーションに対するシニア世代の本音が明らかとなりました。

 

シルバーウィーク直前にシニア世代へ調査

 

「もっと子供と連絡を取りたい」が半数以上に

SMBCファミリーワークスが行なったこの調査では、シルバーウィークや敬老の日を前に、「今年のシルバーウィークに子供は帰省してくる予定か」、「敬老の日や誕生日に子供から連絡はくるか」、「普段連絡を取る頻度はどれくらいか」など、親子のコミュニケーションに関する質問を実施しました。

その結果、2022年のシルバーウィークに帰省してくる子世代は2割にも満たないことや、誕生日に子供から毎年連絡が来る方も約半数しかいないことが判明したのです。

 

シルバーウィークは帰省しない子世代が2割以下

今年のシルバーウィークは帰省しない子世代が多数派となったほか、子供と離れて暮らす親世代にとっては、子供が帰省から帰った後、寂しさを「感じる(30.4%)」「どちらかというと感じる(29.2%)」と回答した方が合計で約6割を占める結果に。

また、9月19日に控えている敬老の日。

祝日や誕生日など、お祝い事がある日は子供や孫と連絡を取るきっかけにもなるものの、「敬老の日と誕生日に子供から連絡が来るか」を聞いたところ、毎年連絡が来ると回答した人は、敬老の日は約2割に留まる結果となりました。

誕生日でさえも、「毎年連絡が来る」と答えたシニア世代は約半数程度しかいないという結果が出ています。

「来ないことが多い」「来たことがない・覚えていない」と回答した人も一定数いると回答しています。

これらの質問に回答したシニア世代の方々のうち、半数以上が「息子・娘ともっと連絡を取りたい」と思っているなど、「子供とのコミュニケーション」に関するシニア世代の本音は、”もっと子供とコミュニケーションを取りたい”と思っている方が半数以上であることが明らかとなりました。

 

子供との連絡「日常の何気ない話題」を共有して欲しいシニア世代が多い結果に!

シルバーウィークや敬老の日など、特別な機会での親子のコミュニケーション事情について聞いた方に、普段はどれくらいの頻度で親子で連絡を取り合えているのもアンケートを実施。

普段の連絡を取る頻度を聞いたところ、「週に1〜3日(26.2%)」「半月に1回程度(21.0%)」「1ヶ月に1回程度(20.8%)」に約7割の回答が集まり、少なくとも1ヶ月に1回以上は連絡を取っている、という親子が多いことが分かりました。

「子供とどんなことを話したいか」を聞いたところ、「息子・娘の日々の出来事(52.0%)」「孫のこと(50.0%)」「自身の日々の出来事(49.6%)」と回答した方が多くを占め、日常の何気ない出来事を共有してほしい、共有したいと考えているシニア世代は多いことが分かる結果に。

しかし子世代との理想的な関係を聞いたところ「同居(2.2%)」と回答した人はかなり少なく、「近居(45.2%)」「別居だが年に数度帰省してきて、マメに連絡はくれる(29.4%)」と回答した方が多いという結果となりました。

この結果から、「同居までは難しい」と理解していながらも、連絡を取る機会や会う機会は「あると嬉しい」という、”程良い距離感”を求めているシニア世代が多いようです。

 

みまもりサービス利用者の方が子供とまめに連絡が取れていることが明らかに

また、スマホや家電の使用状況や健康状態を離れて暮らす家族が確認することが出来る「みまもりサービス」の利用者が、非利用者と比べて「子供とまめに連絡が取れている」という結果も出ています。

みまもりサービスを利用していると答えた116名に対し、みまもりサービスを利用していて良いと思う点を聞いたところ、7割以上が「見守ってもらえている安心感がある(73.3%)」、6割以上が「子供とコミュニケーションが取れる(61.2%)」と回答。

普段は離れて暮らしている子供と連絡を取ることが出来るツールとしても活用されていることが分かりました。

 

シニア世代の理想の親子タレントは「関根親子」

さらに、シニア世代が考える理想の親子タレントも合わせて調査した結果、1位は関根勤さん・関根麻里さん親子、2位は高橋英樹さん・高橋真麻さん親子となりました。

1位〜5位までの方々が選ばれた理由として、「仲が良い」「程良い距離感を保っている」「コミュニケーションが良く取れている」などが挙がっており、「子供といつまでも仲良くしていたい」というシニア世代の心が垣間見える結果となりました。

 

家族のコミュニケーションを増やす新しいツール「ファミリー ネットワーク サービス」

今回の調査で、少し寂しい思いをしているシニア世代が多いことが分かった一方で、みまもりサービスを利用している家では頻繁にコミュニケーションを取っている割合が高い傾向にあることも判明しています。

SMBCファミリーワークスが提供するみまもりアプリ「ファミリー ネットワーク サービス」は、「おかね」「生活」「健康」の3つの観点でリスクを“見える化”し、家族間の不安を解消につなげるスマートフォン向けアプリ。

具体的に将来の「備え」を検討出来るサービスを提供しています。

生活状況や健康状態の共有・トーク機能での会話を通し、利用者と家族の日常的なコミュニケーションを増やすきっかけにもなってくれます。

上記は一例ですが、シニア世代と子世代が交流出来るツールがあることで、頻繁に連絡を取るようになり、そのうちに「連休を利用して帰省する」といった行動も増えることでしょう。

家族との距離感を大切にしつつ、交流を増やすきっかけとなってくれる可能性があるアプリです。

詳細が気になる方は、ファミリー ネットワーク サービス公式サイトをご確認ください。

「ファミリー ネットワーク サービス」公式サイト:https://www.family-network.jp/

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事

TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。

  1. 「BajoLugo(バジョルゴ)」サステナブルな新素材と型押しレザーを合わせたコンビネーショントート発売中

  2. 福祉のカルチャー化を目指す「HERALBONY」eumeとのコラボリカバリーウェアを発売

  3. 国内最大級のSDGsイベント「GOOD LIFE フェア 2022」に三陸・常磐の「うまいもんマルシェ」出展

RELATED

PAGE TOP