国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

ヴィンテージ二眼レフカメラモチーフの腕時計「TWIN LENS AUTOMATIC」発売

マーサインターナショナル株式会社は、デザインウォッチブランド「TACS(タックス)」から登場する新商品「TWIN LENS AUTOMATIC(ツインレンズ オートマティック)」を5月21日に発売することを発表しました。

2016年にクラウドファンディングでスタートしたレンズシリーズの最新作は、ヴィンテージ二眼レフカメラをモチーフにした国産自動巻き腕時計として登場します。

 

時計・カメラファン待望のレンズシリーズ最新腕時計が登場

デザインウォッチブランド「TACS(タックス)」は、2016年にクラウドファンディングでレンズシリーズの展開をはじめると、2018年に発売したVINTAGE LENS AUTOMATIC (AVLⅡ)は時計ファンのみらず、カメラファンからも注目を集め、話題となった人気シリーズ。

今回、2年の開発期間を経て発表された新しいレンズシリーズウォッチは、1920年代に誕生した二眼レフカメラをモチーフとした腕時計です。

 

誕生から1世紀を迎え、豊かなカメラの歴史の中でも象徴的な二眼レフカメラに、デザインとユニークさを大切にするTACSは敬意を表し、時計のモチーフとして採用し製品化。

独特の多層二眼レフダイヤルは19の個別部品で構成されており、高級感の漂う国産自動巻き腕時計に仕上がっています。

 

1920年代後半にドイツから登場した近代二眼レフカメラの発明者は、第一次世界大戦中に塹壕で潜望鏡を覗きながらカメラのアイデアを思いついたと言われています。

その堅牢で印象的なデザインは多くの写真家を魅了し、仕事やプライベートのあらゆる瞬間を写真に捉えてきました。

二眼レフカメラの創造的な多様性と洗練されたデザインが、TACSで大切にしている創造性とスタイルに通ずることから、今回の製品が誕生したのだと説明しています。

 

時計の細部はヴィンテージ二眼レンズのディテールを再現しており、独特の多層二眼レフダイヤルは19の個別部品で構成。

各部品は日本のTACS時計職人によって手作業で組み立てられています。 すべての部品が可能な限り最高レベルの職人技と精度で組み立てられるようにするために、時計職人が毎日組み立てることが出来る時計は10個に制限することにより、高級感のある高品質の国産自動巻きウォッチを実現したと説明しています。

 

公式オンラインショップでは発売に先駆けて予約受付を実施し、TACSファンだけでなくカメラファンからの反響も大きく、予約分は即完売してしまう程の反響があった注目のモデルです。

5月21日に満を持して、主要取扱店にて販売が開始される「TWIN LENS AUTOMATIC」。取扱店舗については、下記をご確認ください。

 

取り扱い店舗詳細

●東北
オンタイム仙台ロフト店

●信越・北陸
一光堂
加坪屋
マイスターウォッチ坂本 タテマチ店

●栃木
タケカワ G-TIME店

●埼玉
オンタイム大宮ロフト店

●東京
代官山蔦屋書店
オンタイム渋谷ロフト店
オンタイム銀座ロフト店
新宿 北村写真機店

●九州
TSUTAYA 和白店

●オンライン
正規メーカー腕時計専門販売店『ウォッチラボ』

 

商品詳細

●TS2002A-SET

価格:71,500円(税込)

 

●TS2002B-SET

価格:74,800円(税込)

【BOXセット内容(数量限定50個)】

●共通スペック
ケース:ステンレススチール316L
防水:10気圧防水ベルト:24 ㎜ ・ホーウィン社製レザー
サイズ:径46.5㎜
厚さ:15㎜
重さ: レザーベルト130g・メタルバンド205g
ムーブメント:オートマティック(日本製)
パワーリザーブ:42時間以上
ガラス:サファイアガラス(無反射コーティング加工)
裏蓋:スケルトン(サファイアガラス)
その他:スーパールミノバ搭載
付属品:付け替え用メタルバンド・専用BOX・ウォッチプロテクター・付け替え用工具
原産国:日本

時計ファン・カメラファンなど多くの反響からブランドアイコンともなったレンズシリーズ腕時計の最新作は、予約受付時点で即完売するほどの人気となっています。

5月21日より主要取扱店舗で販売が開始される「TWIN LENS AUTOMATIC」を、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

Facebook
スポンサードリンク
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする