ファッション&カルチャーなど流行を発信するメディア

ライフスタイル

東京・多摩にいながらアジア旅を味わえる!多摩ランタンフェスティバル2022が9月5日より開催

一昨年・昨年とお祭りや花火大会が自粛となっていましたが、2022年度ではお祭りなどの催しも少しずつですが再開され、徐々に夏・秋らしい行事も戻ってきました。

そんな中で東京都多摩市は、多摩にいながらアジア旅の気分を味わえる「多摩ランタンフェスティバル2022」を、9月5日〜9月11日の7日間にわたって開催することが発表されました。

 

アジア旅行を味わえる「多摩ランタンフェスティバル2022」開催

 

多摩ランタンフェスティバルとは

「多摩ランタンフェスティバル」は2019年に初めて開催され、今年で4回目を迎える恒例イベントとなった催しです。

 

訪れる参加者も年々増えており、2021年の実績では来場者は12,000人となったそう。昨今の情勢で中々催し事が難しかったなかで、こういったイベントが行われているというのは嬉しいもの。

年々増える来場者に応え、2022年はエリアを拡大して実施することが決定したと発表されました。

 

「多摩ランタンフェスティバル2022」9月5日より開催

本イベントでは「J Smile多摩八角堂」で実施する、ベトナムの世界遺産である「ホイアン」を彷彿とさせる200個のランタンのライトアップをはじめとして、多摩ニュータウンの豊ヶ丘・貝取エリアにおいて、ベトナムの国民的スポーツ「ダーカウ飛ばし(足で行うバドミントンのような競技)」、「ノンラー飛ばし」といった、ベトナムにちなんだ遊びに加え、アジア地域でよく使われている三輪タクシー「トゥクトゥク」の乗車体験などを、9月10日〜11日を中心に様々なイベントが開催となります。

また、民族衣装きせかえ撮影をはじめ、ベトナムムービー上映、和紙で製作するランタンなど、ここでは書ききれないイベントが多数開催されます。

もちろんアジアン料理やキッチンカーの出店等もあり、ベトナムのサンドイッチ「バインミー」や、ライスヌードルの「フォー」など、アジアングルメもたっぷり堪能することが出来るようになっています。

さらに同時開催のイベントとして、短冊にプチハッピーを書いて空のガチャガチャカプセルに入れて飾る「たまのニューランタン」や、インスタグラムフォトコンテスト、会場内に隠された7文字を組合わせた指令に挑戦するとアジアンスナックが先着300名にもらえる謎解きイベントなども行われます。

 

多摩ランタンフェスティバル2022開催概要

開催日時:2022年9月10日~11日 12時〜18時
※ベトナムランタンのライトアップは、9月5日〜11日まで。

場所:J Smile 多摩八角堂、ほか(所在地:東京都多摩市豊ヶ丘 5-5)
※今年は豊ヶ丘南公園と貝取第7公園に駐輪場を用意。
※駐車場はなし。公共交通機関をご利用ください。

入場:無料
※各イベントによって費用が発生します。

主催:日本総合住生活株式会社、一般社団法人ニューマチヅクリシャ

協力:
健幸つながるひろば とよよん(楽友会・多摩社協)・多摩市立豊ヶ丘図書館・多摩市若者会議
・多摩センター地区連絡協議会・株式会社トッケン・豊ヶ丘貝取商店会・ネコサポ provided by ヤマトグループ
・株式会社 UR コミュニティ・UR 都市機構
(五十音順)

特別協力:滑川市観光協会 ベトナム・ランタンまつり in なめりかわ実行委員会
協賛:ベトナム航空
後援:多摩市

問い合わせ:日本総合住生活株式会社 住生活事業計画部 事業計画課
TEL:03-5577-3673
公式URL:https://js-hakkakudo.com/post-2126

 

9月10日〜11日の週末を中心として、多摩市内で開催される多摩ランタンフェスティバル2022。

ぜひこの機会に多摩市へ足を運んで、アジア旅行気分を味わってみてはいかがでしょうか。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事

TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。

  1. 「BajoLugo(バジョルゴ)」サステナブルな新素材と型押しレザーを合わせたコンビネーショントート発売中

  2. 福祉のカルチャー化を目指す「HERALBONY」eumeとのコラボリカバリーウェアを発売

  3. 国内最大級のSDGsイベント「GOOD LIFE フェア 2022」に三陸・常磐の「うまいもんマルシェ」出展

RELATED

PAGE TOP