ファッション&カルチャーなど流行を発信するメディア

スポーツ

4カ国のトップレベル大学バスケットボールチームが集う「WUBS」8月9日より東京で開催!

楽天グループ株式会社(以下、楽天)と、一般財団法人全日本大学バスケットボール連盟(以下、JUBF)は、トップレベルの大学バスケットボールチームを対象に毎年開催する大会「Sun Chlorella presents World University Basketball Series」(以下、WUBS)が2022年8月9日より、いよいよ開催されることが発表されました。

第1回目となる今大会には、日本・インドネシア・台湾・フィリピンと4つの国の大学バスケットボールチームが参加し、国立代々木競技場 第二体育館にて対戦すると告知しています。

 

アジアの4国の大学バスケっとチームがシリーズチャンピオンを掛けて戦う「WUBS」が開催

 

WUBSとは

「Sun Chlorella presents World University Basketball Series (WUBS)」は、JUBFによって主催し、楽天でアスリートを支援する事業をグローバルで展開する「Rakuten Sports」が運営協力して開催される、国際大学バスケットボール大会。

各国の才能ある選手とバスケットボールコミュニティを強化することを目的としており、バスケットボールの活性化を促します。

本大会は、大学チームおよび選手たちに国際舞台でスキルを披露する場を提供。

楽天とJUBFは、年に1度大学チームが集まってチャンピオンシップのタイトルをかけて競い合うことで、大学バスケットボールが新たな高みを目指し、世界のバスケットボール界をより結束させることを図っていると説明しています。

 

東京・代々木体育館で8月9日より開催

第1回目となる「WUBS」は、招待制で各国の大学バスケットボールチーム開催。

日本の東海大学、インドネシアのペリタハラパン大学(UPH)、台湾の国立政治大学(NCCU)、フィリピンのアテネオ・デ・マニラ大学が対戦します。

3日間で6試合の総当たり戦を行い、シリーズチャンピオンを決定するというもの。

JUBFの会長で「World University Basketball Series実行委員会」会長の林直樹氏は、

「この大会を通じ各国と地域の大学バスケットボールの発展と友好の輪が広がることを希望します。」

とコメント。

参加大学のヘッドコーチらも、昨今の情勢下で様々な催しや大会の開催が難しい状態の中で、今回開催が出来たことをうrしく思うと共に、バスケットボールの発展や参加する学生らの特別な体験になるということをコメントされていました。

本大会は東京の国立代々木競技場 第二体育館で行い、8月9日〜11日の中で1日2試合を行い、合計6試合を行うとのこと。

 

開催概要

●Sun Chlorella presents World University Basketball Series
主催:一般財団法人全日本大学バスケットボール連盟(JUBF)
主管:World University Basketball Series実行委員会
運営協力:Rakuten Sports
日程:2022年8月9日〜11日
会場:国立代々木競技場 第二体育館
大会形式:総当たり戦(1日2試合、3日間で計6試合)
参加チーム:ペリタハラパン大学(インドネシア)、国立政治大学(チャイニーズタイペイ)、東海大学(日本)、アテネオ・デ・マニラ大学(フィリピン)
競技規則:FIBA競技規則に則る

 

日本から参加する東海大学は大学バスケットボールの名門で、1960年創部すると、全日本大学バスケットボール選手権大会で6度の優勝をした強豪校です。

あまり見ることが出来ない、バスケットボールの国際試合を見る絶好の機会となるので、ぜひ足を運んで日本代表として東海大学の応援をしてください。

WUBSは、8月9日〜11日までの3日間開催となります。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事

TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。

  1. 「BajoLugo(バジョルゴ)」サステナブルな新素材と型押しレザーを合わせたコンビネーショントート発売中

  2. 福祉のカルチャー化を目指す「HERALBONY」eumeとのコラボリカバリーウェアを発売

  3. 国内最大級のSDGsイベント「GOOD LIFE フェア 2022」に三陸・常磐の「うまいもんマルシェ」出展

RELATED

PAGE TOP