ファッション&カルチャーなど流行を発信するメディア

グルメ

「ちょっとだけ、環境と身体にいいことを。」国産の無農薬栽培バナナ「やっちろバナナ」が発売

株式会社熊本青果物出荷組合は、熊本県八代地域で栽培された、国産・無農薬で“皮ごと食べられる”オーガニックバナナ「やっちろバナナ」を、11月14日より販売開始したことを告知。

また今回の新発売に伴って、銀座の名店「LA BETTOLA da Ochiai(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ)」の落合務シェフが「やっちろバナナ」アンバサダーに就任。

落合氏自身が考案される新商品開発プロジェクトもスタートすることを発表しました。

 

熊本県産オーガニックバナナ「やっちろバナナ」販売開始

 

熊本青果物出荷組合とは

株式会社熊本青果物出荷組合は、熊本県八代地域の農家の方々が栽培した青果物を、鮮度にこだわりを持って九州や日本全国に届けている企業。

作り手と食卓を繋ぎ、豊かな食生活を送ってもらうことを目指し、1992年に個人で創業し活動を開始。1997年に熊本青果物出荷組合を設立し、現在に至っています。

誰もが豊かで健康的な暮らしを送ることの出来る社会の実現を目指し、SDGs認証の取得などのサステナブルな取り組みや、こども食堂の支援なども実施しています。

 

やっちろバナナのこだわり抜いた無農薬栽培

熊本青果物出荷組合が展開する「やっちろバナナ」は、徹底した温度管理と丁寧な手作業を行うことで、寒い日本でも育つことが出来る国産バナナ。

熊本県八代地域で栽培されているやっちろバナナは、完全無農薬で大切に丁寧に育てているため皮まで食べられ、栄養満点で身体にも環境にも優しく作られています。

また無農薬栽培ならではの悩みである「害虫」についても、全て手作業で取り除くという惜しみない労力を掛けて対策しており、最新技術に加えて「人の手」によって手厚く管理されていることも特徴の1つとなっています。

品種は一般的なバナナとは異なる「グロスミッシェル種」という品種で、香りと糖度が高くねっとりとした食感が楽しめるバナナ。

また「皮がとても薄い」という特徴もあるため、皮まで安心して食べることが出来る点も大きなポイントです。

さらに「やっちろバナナ」がこだわった点は、通常は透明なビニール等に包まれているパッケージを、SDGsの観点から、土に還るプラスチックフリー素材を採用したパッケージにした点。

バナナの個別包装では透け感のあるグラシン紙を使用することで追熟の様子が分かるため、食べ頃を見逃さない工夫がなされています。

合言葉は「ちょっとだけ、環境と身体にいいことを。」

 

やっちろバナナ販売の背景

熊本県八代市はもともと、畳に使う「いぐさ」の生産で栄えていた地域なのだとか。

近年ではその需要も伸び悩む中、熊本青果出荷組合はトマトを中心とする青果物の生産に注力し、全国の販売店や飲食店への提供をしていたそう。

しかし、ここ数年の情勢の変化で飲食店による消費需要が減少してしまった中で、ほぼ輸入に頼り切っているバナナに着目。


・熊本青果物出荷組合 代表取締役 古川智康氏

国産化を目指し、地元地域の新たな名産品とすべく取り組みを開始したと説明しています。

 

「日本一予約が取りにくいレストラン」のオーナーがアンバサダー就任!

日本一予約が取りにくいレストラン、「LA BETTOLA da Ochiai(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ)」の落合務シェフが、やっちろバナナのアンバサダーに就任したことも発表されました。


・LA BETTOLA da Ochiai オーナーシェフ 落合務氏

落合シェフは日本イタリア料理協会の名誉会長を務め、2020年には黄綬褒章※を受章されるなど、多大な功績をあげ評価されている一流の料理人。

現在落合シェフが「やっちろバナナ」を使用した新商品を考案中とのことで、こちらは近日中に発表予定となっています。

※黄綬褒章とは、農業・商業・工業等の業務に長期間精励し、他の模範となるような技術や事績を有する方に授与される褒章のこと。

 

やっちろバナナ詳細

今回新販売を記念して通常「レギュラー5本セット3,300円」の所を、「特別価格2,750円」にて提供するそう。この価格は第一次出荷分が終了するまでの特別価格とのことで、終了次第通常価格に戻るそう。

シンプルで上品なデザインのため、ギフトとしての利用も喜ばれる商品となっている商品となっているほか、自身やご家族へのご褒美フルーツとしても最適な商品です。

●やっちろバナナ

販売開始日:2022年11月14日
販売価格:2,750円(レギュラー5本セット)
※第一次出荷分完売次第、通常価格3,300円になります。
販売元:株式会社熊本青果物出荷組合 (熊本県八代市沖町3523番地)
購入方法:オンラインストアにて販売
オンラインストア:https://kuma-sei.net
公式サイト:https://yacchirobanana.com

 

熊本県八代市の風土が育んだ、皮まで食べられる無農薬バナナは農家の方がその手で労力を惜しまず栽培した、新たな名産となる商品です。

興味がある方は、公式サイトやオンラインストアにて詳細をご確認ください。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事

TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。

  1. 「LILY BROWN(リリーブラウン)」宮脇咲良とのコラボアイテム第5弾が発売

  2. 「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」メルセデス ミーで特別展示や期間限定メニューを発売

  3. DMMの新たなエンタメサービス「DMMプレミアム・DMM TV」アンバサダーにオードリー春日・雨宮天が就任

RELATED

PAGE TOP