国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

「バーバリー・イン・ネイチャー」2021春夏コレクションは自然の中でオンラインライブ

男女共に世界的に人気が高く、日本でも人気のブランド「BURBERRY(バーバリー)」。イギリスを代表するファッションブランドで、バーバリーチェックは老若男女誰もが分かるデザインですよね。

そのバーバリーが2021年春夏コレクションに関する情報を公開しました。コレクションの発表は2020年9月とし、これまでにない新たな試みを行うことも告知されています。

 

 

バーバリー初の試み

今回行われる2021年春夏コレクションは、新しい試みをもって行われます。それは”イギリスの大自然の中にセットを構えてオンラインライブにて配信する”というもの。バーバリーはそれについて”このまったく新しい体験を通して、自然と世界中の人々と再び繋がるのです”と告知しています。

世界4大コレクションの1つであり、本来9月に行われていたウィメンズのロンドン・ファッション・ウイークが新型コロナウイルスの影響でオンラインで開催される(6月に開催予定のメンズのファッションウィークも同様)ことなどから、そちらにバーバリーが参加するかどうかについてはまだ未定だそう。

 

自然環境への配慮も

バーバリーのコレクションは2020年春夏からカーボンニュートラルとして過去2回連続で認定されています。これはサステナビリティ、つまり継続した社会・環境への貢献が評価されたということ。カーボンニュートラルとして認定されるには、二酸化炭素の排出量と吸収量を同じにする必要があります。

バーバリーは過去に認定された施策でも、コレクション開催に伴って排出される二酸化炭素を軽減、それでも出てしまう分に関しては、「Burberry’s Regeneration Fund」にて植樹活動(オーストラリア)やサバンナの火災管理プロジェクト等を通してオフセットさせる試みを続けています。

こういった自然環境への取り組みはグーグルやナイキ等の世界的大手企業も行っており、バーバリーもそれに歩調を合わせた方針となります。過去の2回のコレクションと同様、今回もカーボンニュートラルとして認定されることになるようです。

大自然の中で行うコレクションの発表ということで、自然環境への影響は最小限に抑え、自然と共生していくという企業イメージを強く持たせたいという狙いもあるのでしょう。

 

チーフ・クリエイティブ・オフィサーであるリカルド・ティッシは、

「人は常に自然と密接な関係にあります。 その圧倒的な美しさに驚きそれを堪能すると同時に、 私たちが存在していられることに対し、自然の力に敬意を表しそれに頼る必要があるのです。 特に現在のような状況下で、私たちは再び繋がることに焦がれています。 私は今回のコレクションで、その想いをイギリスの大自然の中で クリエイティブな体験を通して叶えたいと考えました」

とコメントを発表しています。

コレクションの開催は2020年9月17日(木)に開催予定。オンラインでの開催とのことで、ファッションに敏感な方はもちろん、アパレルブランド関係者からも期待されています。

新たな試みを行うバーバリーの2021年春夏の新作コレクション。今後の続報に注目しましょう。

Facebook
スポンサードリンク
TORSO_JACK編集部
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする