国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

きゃりーぱみゅぱみゅらが出演したデジタル庁創設記念の生配信オンラインイベント「2021年デジタルの日」開催

デジタル庁は、2021年10月10日13時より、「2021年デジタルの日 ONLINE EVENT─デジタル庁創設記念─ 」を開催しました。

このデジタル庁初のオンラインイベントはYouTube・Twitterにて生配信され、全ての配信媒体合計で250万回視聴されたと告知しています。

 

オンラインイベント「2021年デジタルの日」開催

「2021年デジタルの日ONLINE EVENT─デジタル庁創設記念─ 」は、創設記念としてデジタル庁が初めて主催したオンラインイベント。

デジタルを贈ろうというテーマで開催されたこのオンラインイベント当日は、牧島かれんデジタル大臣による「毎年この日がやってくることで、サイクルを回す、新たな体験をする。そんな日にしていきたい」との挨拶からスタート。

今回のイベントでは11月12日劇場公開予定の「攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争」との特別コラボレーションも実施しており、牧島大臣の挨拶終了後に、バーチャル空間の特別警備を担当する公安9課の思考戦車タチコマと「バーチャル記念撮影」を行ったほか、オンラインイベント内にてタチコマが最後まで登場していました。

日本のデジタル化がどれくらい進んでいるのかを測る指標「デジタル度」の発表、デジタル大臣が初めて表彰する「デジタル社会推進賞」の発表など、デジタルに関する様々なコンテンツを実施。

落合陽一さん・夏野剛さん・西村博之(ひろゆき)さんら有識者も登壇し、日本のデジタル化について意見をぶつけ合いました。

 

きゃりーぱみゅぱみゅ・KASICOのデジタルデビュー

YouTubeという”デジタルデビュー”をきっかけに広がり今年10周年を迎えるきゃりーぱみゅぱみゅさん、そしてART DIRECTORのKASICOさんらが登場。

お2人のデジタルデビューはそれぞれ、

きゃりーぱみゅぱみゅさん「YouTubeとかSNSを始める前、ブログを書いて自分の表現を発信していた時」

KASICOさん「高校のときにペンタブレットを買ったのが僕のデビュー」

とそれぞれ語られていました。

10月27日発売のきゃりーさんのニューアルバム「キャンディーレーサー」より、「かまいたち」のミュージックビデオが上映。この楽曲はデジタルを使いこなす2人が手を組み、KASICOさんがクリエイティブで携わったものとなっています。

デジタル×音楽の未来について聞かれると、きゃりーぱみゅぱみゅさんは

「演者側も驚く表現方法がどんどん増えています。デジタルの形はこれからも変わっていくと思うので、最先端のことに挑戦していきたい」

と熱い思いを語られていました。

 

学ぼう!デジタルセーフティ

人気お笑いコンビ・マヂカルラブリーの野田クリスタルさん・村上さんのお2人も登場したコーナーでは「日本のハッカーがもっと活躍できる社会を作る」という目的のもと、一般社団法人日本ハッカー協会代表理事を務め、デジタル庁セキュリティチームのメンバーでもある杉浦隆幸さんが登壇しコーナーがスタート。

マヂカルラブリーのお2人に出題されたクイズでは、パスワードに関するアカウントセキュリティやサイバー攻撃から守るために必要なことなどを出題。意外と知られていない内容ばかりで、非常に勉強になる内容となっていました。

村上さんのメールアドレスのパスワードが漏れているかを調べ、ヒヤッとする一幕も。

結局パスワードの流出はなかったものの、今度は野田さんが不安になり「俺も番組が終わったら漏れてないか調べてほしい」とお願いする場面もありました。

今回のイベントはオンラインでのライブ放送で行われましたが、アーカイブとしてデジタル庁がYouTubeの公式アカウントにて当日の内容を公開しています。

気になる方は、公式ページや公式アカウントよりチェックしてみてはいかがでしょうか。

デジタル庁の初の試みとなったオンラインイベント「2021年デジタルの日 ONLINE EVENT」は、勉強になる催しとなりました。

デジタル庁が推進する社会全体のデジタル化「人に優しいデジタル化」への関心を高めるべく、優れたデジタル化の取組をされている個人やチームを表彰する「デジタル社会推進賞」など、デジタル化を推し進める方への支援や表彰といった取り組みももっと増えれば、さらに日本のデジタル化は進んでいくことでしょう。

エンディングで落合陽一さんが語った「一過性のイベントで終わらせてはいけない」というコメント通り、より日本の発展のためにも意義のある活動をデジタル庁には期待しましょう。

Facebook
スポンサードリンク
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする