ファッション&カルチャーなど流行を発信するメディア

メンズ

「hummel(ヒュンメル)」西武池袋本店で期間限定のポップアップショップがオープン

デンマークのスポーツブランド「hummel(ヒュンメル)」は、西武池袋本店にポップアップショップをオープン。4月11日までの期間限定で、「LIVSTØJ(リブストイ)」と「hummel PLAY(ヒュンメルプレイ)」のアパレルアイテムに加え、スニーカーを販売します。

 

スポーツブランド「hummel」西武池袋本店でポップアップショップ開催

 

hummelとは

「hummel(ヒュンメル)」は、世界で初めてスタッド付きスパイクを開発し、1923年に誕生したデンマーク発のスポーツブランド。

革靴でサッカーをしていた当時、真っ平らな靴底にスタッドを付けた「スパイク」を考案したことでグリップ力の飛躍的向上をもたらし、今まで出来なかったプレーを可能にしました。

そこで重過ぎるために理論上飛べないとされるマルハナバチ(ドイツ語でhummel)が、努力を重ねて飛べるようになったという逸話を重ね合わせ、ブランドネーム&ロゴに採用。

100年におよぶ歴史を経て、現在は「Change the World Through Sport.(スポーツを通して世界を変える)」をミッションに、独自のブランドストーリーを展開。新たなチャレンジを続けているブランドです。

 

ポップアップショップではアパレル・スニーカーを展開

今回hummelのポップアップショップで展開するアイテムは、2つのアパレルコレクションとスニーカー。

LIVSTØJ(以下、リブストイ)はデンマーク語で「ライフウェア」という意味で、生活用途に合わせてカラダを整えるAddElm(アドエルム)のテクノロジーを採用。

鉱石から抽出した様々な元素を素材に加工し、人体生理学の治験データを基に、なりたいコンディションに合わせたウェア。リラックスや休憩を目的としたコンフォートウェアとなっています。

もうひとつのアパレルコレクションは、hummelのヘリテージとトレンドをミックスしたhummel PLAY(以下、ヒュンメルプレイ)。

「ALWAYS be myself(いつも自分らしく)」をシーズンテーマに、スポーツはもちろん日常でも自分らしく自然体で着用出来るアイテムとして、ブランド100周年を記念したコレクションとなっています。

また、ヨーロッパを中心に人気のスニーカーは、リバイバルとレトロフューチャーを貫いたアイテム。

hummelの持つヘリテージをデンマークらしい北欧カラーやクラシカルな素材感で表現したアイテムを展開しています。

 

ポップアップショップ詳細

●西武池袋本店 8Fスポーツ売場 シーズンステージ
住所:〒171-8569 東京都豊島区南池袋1-28-1
電話番号:03-3981-0111(代表)
営業時間:
[月~土]10時~21時
[日・祝休日]10時~20時
期間:2023年3月29日~4月11日

※取り扱い商品の詳細については、店舗にお問い合わせください。

西武池袋本店で開催されるhummelのポップアップショップでは、リブストイ・ヒュンメルプレイに加え、スニーカーも販売となります。

近くに立ち寄った際は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

オフィシャルWEBサイト:https://www.hummel.co.jp/

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事

TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。

  1. ゴールデンボンバーが銀髪に!「got2b ボンディング・メタリックス」新WEB CMが4月17日より公開

  2. SOMPOホールディングスが対談番組「もっと介護のハナシをしませんか?」公式YouTubeにて配信開始

  3. 町田でハワイを体験しよう!グランベリーパークで「Grandberry FES. 2024」開催

RELATED

PAGE TOP