国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

メイクで一歩踏み出す。資生堂「マキアージュ」清野菜名・渡邊圭祐初共演のショートフィルム公開

資生堂のトータルメイクアップブランド「マキアージュ」は、清野菜名さん、渡邊圭祐さんが出演するショートフィルム「Touching」を、2021年9月15日よりWeb上で公開しました。

ショッピングモールを舞台に、夜中人がいない時に動き出すマネキン・真希と、新人ビューティーコンサルタント・涼の出会いや、2人がメイクをきっかけに一歩前へ踏み出すという内容のショートフィルムとなっています。

 

資生堂「マキアージュ」清野菜名・渡邊圭祐初共演のショートフィルム公開

このショートフィルムは、資生堂のトータルメイクアップブランド「マキアージュ」が公開したもの。

清野菜名さん演じるマネキン・真希と、渡邊圭祐さん演じる新人ビューティーコンサルタント・涼が働くショッピングモールを舞台に物語が始まります。

真希は、誰にも見られない夜だけ自由に動くことができる洋服売場のマネキン。そんな彼女にとって、試行錯誤しながらもメイクの魅力を客へ伝えようとする涼の姿は眩しく見えるようで、度々マネキンの状態で視線を向けている描写が出ています。

夜な夜な売り場から出て他のフロアの靴やバッグに興味を持ち、自分を彩ろうとしていた真希ですが、ある夜に涼が離れた売場で口紅にそっと手を伸ばしたことから、物語は急展開を見せます。

「一歩踏み出すためのきっかけになるのは、たぶん、ささやかなこと。」というメッセージと共に、これから始まるドラマティックな予感を感じさせてくれるショートフィルムとなっています。

動画で使われている楽曲「Change」は、YouTubeの公式MVで2800万を超える再生数を誇る楽曲「LOOP」で話題を集めたシンガーソングライター・SIRUPさんが書き下ろした楽曲。

映画『僕はイエス様が嫌い』(’19)で第66回サンセバスチャン国際映画祭最優秀 新人監督賞を受賞した奥山大史さんが監督を務め、『潤一』(原作・井上荒野)、『有村架純の撮休:人間ドック』などの作品で脚本を手掛けた砂田麻美さんが脚本を務めています。

 

メイキングやインタビュー動画も限定公開中

今回のショートムービーに出演した清野さんと渡邊さんは初共演。

この初共演の感想などについて語った清野さん、渡邊さんのインタビュー動画が、マキアージュの公式LINEアカウントの友だち限定で公開しています。

清野菜名さん、渡邊圭祐さんに、初共演の感想やメイクシーンの採点、動画の注目ポイントなどを伺う内容となているこのインタビュー動画。

さらに、 清野さんにはマキアージュのお気に入り商品や美の秘訣、渡邊さんには今年中にやっておきたいことなどを語ってもらう内容となっています。

本動画は、マキアージュの公式LINEアカウントにて公開されており。友だち登録したユーザー限定で視聴が可能となっています。

また、ショートフィルム本編の公開に合わせ、撮影の裏側を収めたメイキング動画も特設サイトにて公開されています。

実際に本編を見ると分かる、「ショートフィルムだけではもったいない」「もっと続きを見たい!」と思わされるクオリティや雰囲気の裏側を、ぜひこれらの動画でもチェックしてみてはいかがでしょうか。

今回公開された、資生堂「マキアージュ」のショートフィルム「Touching」はweb上で公開中。どなたでも視聴出来る内容となっているほか、インタビュー動画・メイキング動画も合わせて公開中となっています。

メイクで一歩踏み出すという内容通り、世界や気持ちがメイクで大きく変えられるというメッセージが込められているこの動画。ぜひ視聴してみてはいかがでしょうか。

●ショートフィルム「Touching」 YouTube URL:
https://www.youtube.com/watch?v=WVAnP4Ut690

●特設サイトURL:
https://maquillage.shiseido.co.jp/touching/

●マキアージュ公式LINEアカウント:
https://page.line.me/936fsrco

Facebook
スポンサードリンク
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする