国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

「パッチワークス」片岡彩の刺繍ファッションアクセサリーブランド「SWIMAYA(スウィマヤ)」事業運営開始

株式会社パッチワークスは、パリでデザインを学びEcole LESAGE(エコール・ルサージュ)にて刺繍技術を習得し、数々のブランドでオートクチュールブランド・部門を経験したデザイナー「片岡彩」さんの刺繍ファッションアクセサリーブランド「SWIMAYA(スウィマヤ)」の事業運営を2022年に開始することを発表しました。

 

株式会社パッチワークスが「SWIMAYA(スウィマヤ)」の運営を開始

株式会社パッチワークスは2014年に設立。2018年にケイタマルヤマの運営会社として社名変更を行い、現在の名称になっています。現在はOEM事業などを行っており、「価値あるものに光を」をコンセプトにそれぞれのクリエイターがシェアし無限につなぎあわせていきながら、新しく美しいものを生み出していける会社を目指していくと説明しています。

そのパッチワークスが、2022年よりデザイナーの片岡彩さんが2017年に立ち上げた刺繍ファッションアクセサリーブランド「SWIMAYA(スウィマヤ)」の事業運営を開始することを発表しました。

片岡彩さんは、パリの「OLIVIE GERVAL FASHION & DESIGN INSTITUTTE」にてファッション全般を学び、ディプロム(資格)を取得後、「Olympia Le-Tan(オランピア ル タン)」、「Alexis Mabille(アレクシマビーユ)」のオートクチュール部門を経て、「Ecole LESAGE(エコール・ルサージュ)」にて刺繍技術を習得。

カタールでのオートクチュールブランドを経験後、日本に帰国し2017年に「SWIMAYA」を立ち上げています。

Instagram:https://www.instagram.com/swimaya.embroidery/

「SWIMAYA(スウィマヤ)」は片岡がパリやカタールで培ってきた刺繍技術を集約しコスチュームアクセサリーに昇華させたブランド。

「一針一針のディティールが追う煌めくときを刺繍する」をコンセプトに片岡彩さんが感じる”煌めくとき”を身につけて欲しいという思いから生まれているのだとか。

刺繍の中でもクオリティーの高いリュネビル刺繍を駆使した技術とセンスは世界で注目されている。

現在のアイテム構成はピアス・ネックレス・髪飾りなどのコスチュームジュエリーと、バッグを中心に展開しており、今後は洋服やアートなども展開予定だそうです。

パッチワークスでは、2022年1月よりブランドの運営を開始し、ECを中心に受注販売をスタート。

さらにポップアップストアなども年に数回開催する予定だそうなので、ECで気になったアイテムを見つけた方やファンになったという方は、ぜひこのポップアップストアにも足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

ブランド詳細

●SWIMAYA(スウィマヤ)

【販売予定】
発売時期:2022年1月より順次
主な取り扱い:公式オンラインストア 他

公式URL:https://swimaya.com/
※2022年1月11日オープン予定

 

今後の展開などについては、1月から順次ECにて発売を開始するとのこと。公式オンラインストアは1月11日オープン予定となっているので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

Facebook
スポンサードリンク
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする