ファッション&カルチャーなど流行を発信するメディア

ライフスタイル

横浜を彩る「夜にあらわれる光の横浜〈ヨルノヨ2023〉」オープニングセレモニー開催!

デート・観光スポットとして人気の町・横浜。

クリエイティブ・ライト・ヨコハマ実行委員会は、横浜港大さん橋国際客船ターミナル内の大さん橋ホールにて「夜にあらわれる光の横浜〈ヨルノヨ2023〉」のオープニングセレモニーを開催しました。

 

夜の横浜を彩る「夜にあらわれる光の横浜〈ヨルノヨ2023〉」オープニングセレモニーを実施

ヨルノヨは、横浜都心臨海部で11月27日から開催している冬のイルミネーションイベント。

今年で4年目の開催となる本イベント。2023年度は、新港中央広場や横浜港大さん橋国際客船ターミナルでの大規模なプロジェクションマッピングをはじめ、山下公園全域で展開するイルミネーション・街全体が光と音楽にあわせて躍動するスペクタクルショー等を展開。

冬の夜に美しい光で彩られた横浜を楽しめるイベントとなっており、2024年1月4日まで開催します。

ヨルノヨのオープニングセレモニーには、横浜市の山中竹春市⻑やクリエイティブ・ライト・ヨコハマ実行委員会の岡田伸浩委員長、クリエイティブ・ライト・ヨコハマ推進協議会の北見尚之会長が登壇し挨拶を実施。

山中市長は、

「4回目の開催となる今年は、魅力的な演出がさらに目白押しとなっています。横浜が誇る水際線や素晴らしい景観をもっともっと生かして参ります。明るく楽しく歩いて頂ける、豪華で“ウォーカブル”な空間、そんな横浜の姿を描いていきたいと思います。」

とコメント。

地域企業・店舗との協力のもと行われる各種催しをはじめ、プリキュアARフォトラリーといったコラボイベント、そしてメインとなる街・公園を彩るイルミネーションイベントなど盛りだくさんだと魅力をアピールしました。

本イベントにはタレントの藤本美貴さんも登壇。

イベント前に一足先に見たという、大さん橋で開催するプロジェクションマッピング「Yターミナル」について聞かれ、

「別世界のようにキラキラしていて、ウェディングフォトを撮っているカップルがいたり、家族でいらっしゃっている方がいたりして、とても素敵な空間だなと思いました。」

とコメント。

最近も家族で訪れたという藤本さんに、山中市長は「横浜にぜひまた来て下さい!」とアピールしました。

 

ヨルノヨ開幕!

横浜港大さん橋国際客船ターミナルで展開されたプロジェクションマッピング「Yターミナル」は屋上広場全体に美しい光が広がります。

オープニングセレモニーが執り行われた初日から多くの方が訪れており、時には歓声が上がる場面も。

演出には大きなクジラが泳ぐ場面もあり、訪れた方たちからは「おお〜!」とどよめきが起こっていました。

屋上公園から見下ろすと、まるで海と繋がっているような演出で、別の世界へ紛れ込んでしまったかのように思える程美しい景観を見ることが出来ます。

ぜひ開催期間中に、大さん橋屋上公園へ足を運んで体験してみてください。

 

40施設が横浜を光と音で彩る「ハイライト・オブ・ヨコハマ」

そしてこちらは港の水際線や歴史的建造物・ビル群など、街全体が光と音楽で躍動する5分間のスペクタクルショー「ハイライト・オブ・ヨコハマ」。

過去最大の40施設が演出に参加し「横浜市歌」をアレンジした楽曲とオリジナル曲「PixelHarp」を使用した2パターンの演出・音楽で盛り上げます。

クリエイティブ・ディレクターである株式会社PixelEngineの山崎なしさんによると、

「40もの施設が音楽と連動して光るというのは、恐らくあまり日本でも横浜(で開催しているこのイベント)しかないんじゃないかというくらいの規模で実施しています。海に突き出した大さん橋から見るのが一番美しいんじゃないかと思いますね。」

とコメント。

「今回は“巡り・出会い・混ざる”というのがテーマですが、コンセプトの理由は横浜の成り立ちがそうだったから、だと思うんです。横浜は“陸と海が出会うところ”あるいは“人と人が出会うところ”という想いがあり、それぞれの建物にも文化があって、それが合流したり離れたりするというのを表現しました。」

と、今回のプロジェクションマッピングのテーマや想いについても語ってくれました。

 

新港中央広場には、高さ14mの巨大な「Yキューブ(Y-Cube)」が出現!

新港中央広場には、高さ14m・範囲100mを超える巨大な体験型デジタルアートを生み出すインタラクティブ・プロジェクションマッピング「Yキューブ(Y-Cube)」が登場。

このYキューブによるインタラクティブ・プロジェクションマッピングは来場者の動きに反応し、歩いたところが彩られたりと見て楽しむだけでなく自ら体験することも可能となっています。

現地では子供を連れた家族やカップルなども多く訪れており、それぞれが走り回ったりYキューブを撮影したりと、自分の挙動で反応してくれるプロジェクションマッピングを楽しんでいました。

 

「ヨルノヨ2023」開催概要

●夜にあらわれる光の横浜〈ヨルノヨ2023〉
・開催期間:令和5年11月27日〜令和6年1月4日 17時〜21時5分
・開催場所:横浜都心臨海部(横浜港大さん橋国際客船ターミナル、新港中央広場、山下公園ほか)
・入場料:無料
・主催:クリエイティブ・ライト・ヨコハマ実行委員会(委員⻑:岡田伸浩・公益財団法人 横浜観光コンベンション・ビューロー理事⻑)
・共催:横浜市
・連携:クリエイティブ・ライト・ヨコハマ推進協議会(会⻑:北見尚之・リスト株式会社 代表取締役)
・イベント実施事業者(共同事業体):株式会社PixelEngine、アクティオ株式会社、ウシオライティング株式会社

・「ハイライト・オブ・ヨコハマ」点灯時間:17時30分〜21時まで30分置きに開催
・「Yキューブ」「Yターミナル」点灯時間:17時~21時5分

 

夜の横浜を音楽と光で彩り、横浜の夜が最も美しくなる期間と山中市長も自信を持っておすすめするヨルノヨ2023は、11月27日〜1月4日までの期間で開催となります。

今回紹介したプロジェクションマッピングイベント以外にも、グルメやスタンプラリーといった様々な催しが盛りだくさんとなっており、ホリデーシーズンのお出かけにも絶好のスポットとなっています。

ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

ヨルノヨ特設サイト:https://yorunoyo.yokohama/

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事

TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。

  1. 大宮で痩せたい女性におすすめ!女性専用パーソナルトレーニングジム3選

  2. 「RANDA」松井愛莉を起用した2024春夏の新作LOOK・スペシャルムービーを3月4日より公開

  3. 「COCO DEAL」ルミネ新宿2店がエコ素材を多用した内装へリニューアルオープン

RELATED

PAGE TOP