ファッション&カルチャーなど流行を発信するメディア

ライフスタイル

東海エリア初出店!ドイツ発の家電ブランド「Miele(ミーレ)」が名古屋に6店舗目の直営店をグランドオープン

ドイツ発の家電ブランド「Miele(ミーレ)」の日本法人 ミーレ・ジャパン株式会社は、2023年10月20日に国内6店舗目、東海エリアでは初となる直営店「Miele Experience Center 名古屋(ミーレ・エクスペリエンス・センター 名古屋)」をグランドオープン。

オープン前日の10月19日に本店舗にてプレス向けの内覧会が開催されました。

 

「Miele」名古屋に6店舗目となる直営店をグランドオープン!

 

Mieleとは

Miele(ミーレ)は1899年に「Immer Besser(常により良いものを)」のブランドプロミスを掲げ、ドイツで創業した家電メーカー。

創業から100年以上の歴史を持ち、現在は約100カ国で販売を行い従業員は約23,300名の大企業となっています。

ミーレの最大の特徴は、製品の「耐久性・信頼性」。製品は「20年の使用を想定」して製造・テストを実施しており、長期間使い続けることが出来る家電を目指しているそう。

「長期使用を想定して製造・検査をすることが、究極のサステナビリティに繋がる」という信念を、サステナビリティという言葉が飛び交う前の創業当初からブレない1つの軸として据え、製品展開を行なっています。

 

冨田晶子氏「名古屋に直営店をオープンすることは私共の強い願いだった」

この度ミーレは「ものづくりの街」である愛知県・名古屋に、東海エリア初となる直営店「Miele Experience Center 名古屋」を、名古屋駅から徒歩約5分という好立地に2023年10月20日よりグランドオープン。

これに先駆け、ミーレは10月19日にプレス内覧会を実施しました。

本イベントに登壇したミーレ・ジャパン株式会社代表取締役社長 冨田晶子氏は、

「ミーレは“Immer Besser(常により良いものを)”をブランドプロミスとして掲げ創業し、ミーレ・ジャパンは1992年にミーレのアジア初の支社として設立。昨年9月で30周年を迎えることが出来ました。」

とコメント。

「ミーレ直営店はこの名古屋で6店舗目。伝統的に製造業が盛んで、日本が世界に誇るメーカーを輩出しているものづくりの街・名古屋で直営店をオープンすることは、私共の強い願いでありました。クラフツマンシップから生まれたミーレの製品の魅力を、名古屋や東海の方々により広くお届け出来ることを大変嬉しく思います。」

と話し、製造業が盛んな街・名古屋へ念願の出店が実現したことを喜ばれていました。

 

ここが凄い!ミーレ製品の体験が出来る名古屋店の魅力

ミーレの製品は上述したように「耐久性と信頼性」を重視して製造されており、なんと20年の使用を想定してテストを行っているのだとか。

ミーレの担当者の方は、

「世の中でサステナビリティが叫ばれる時代となりましたが、ミーレでは1つの家電で20年の使用を想定したテストを行なっています。1つの家電を大切に使い続けることが、究極のサステナビリティだと私たちは考えていて、これは創業当初から変わっていません。家族のように愛して頂けるブランドをミーレは目指しています。」

とコメント。

長く愛用して欲しいことから、アフターサービスとして家電修理等のアフターケアにも力を入れ「家電の買い替えよりも修理でまだまだ使っていけること」を伝えることを重視し提供しているそうです。

また、本直営店舗は実際に見て触れて体験出来るスペースとなっているだけでなく、店舗前のスペースはテラスとして提供。休憩スペースとしても活用してもらえるよう展開していくそうです。

店舗は予約の方が優先ではあるものの、自由見学も可能。今後は製品をより深くじっくり体験出来る「製品体験会」等のイベントも開催予定だそうです。

「ぜひ予約をして、ミーレの製品を体験しに来てください!」

と担当者の方はコメントされていました。

 

こだわりのミーレ製品を体験!

ミーレは、洗濯機・食洗機・オーブンなどのビルトイン家電において世界中で「プレミアム家電」として支持されており、豊かな生活を実現するブランドとして評価を受けています。

例えば洗濯乾燥機のハイエンドモデルでは、洗濯の際に20のプログラムを用意し選べるそう。

これらのモードは水の温度・量・ドラムの回転パターン・洗濯時間が異なり、それぞれの衣類に合った洗い方をしてくれるそう。

繊細なウール衣類を洗う「ウールプログラム」では、バラの生花を洗っても崩れない程繊細に洗ってくれるという実演もされ、見学した記者からは驚きの声も。

また、家電メーカーでは珍しい専用洗剤を提供しており、こちらは多くても2〜3種類程度の酵素が入っていることが普通な洗剤の中で、7種類の酵素が入った洗剤となっているそう。

ミーレの洗濯機には洗剤の自動投入機能が搭載されている点も嬉しいポイント。いちいち洗剤を入れる手間が省けるため、洗濯の煩雑さを削減してくれます。

もちろん市販洗剤の都度投入も可能なほか、一般の液体洗剤でも自動投入が出来る詰め替え用コンテナの販売も行なっているそうです。

 

世界で一番最初に洗剤の自動投入機能を搭載したミーレの食洗機

ミーレの食洗機は、パワフルかつ温度を変化。最初は水で洗いつつ、徐々に温度を上げたお湯で洗浄するシステムにより、頑固な汚れも落としてピカピカにしてくれるそう。

実際に洗浄しているところを特別に透明な板に変え、中の様子を見せてもらうことに。

食洗機で洗う際は「事前にさっと洗っておかないと汚れが取れない」と考えている方も多いはず。

しかし、ミーレは少量の水で汚れを落とすスプレーアームを上・中・下の3本備えており、そこから最高75度の高温洗浄を行います。

また、洗浄プログラムを自動で調整してくれるオートセンサーも搭載されている点も大きな特徴。

いきなり高温のお湯で洗ってしまうと、タンパク質などが固まってしまうことがあるそうですが、ミーレの食洗機は徐々に温度を上げるようになっています。
※様々な洗い方を選択可能。

一回の洗浄に使用する水量は最小では6リットルと、ペットボトル3本分の水で12人分の食器やフライパン・鍋等を洗うことが出来ます。

世界で最初に食洗機の洗剤自動投入機能を搭載したのはミーレなのだそう。これによって食洗機前に張り付く必要もないばかりか、過剰投入を防ぎ節約にも貢献してくれます。

 

ミーレの代名詞「オーブン」は3種類がビルトインで登場

ドイツでは一家に1台、冷蔵庫と同様に必ずあると言われている調理家電がオーブンなのだそう。

ミーレのビルトインオーブンは「余計な装飾はつけず、シンプルでありながら洗練されている」デザインとなっています。

日本で展開するオーブンシリーズは3種類で、オーブンとレンジ機能がセットになった「電子レンジ機能付きオーブン」、スチームクッカー機能が搭載されている「コンビスチームオーブン」、そして容量が大きな「専用オーブン」。

どれも本格的なオーブン料理が楽しめるだけでなく、鍋ごと投入するなど大皿料理もそのまま投入可能。

電子レンジ機能は最大1000w、最小で80wと低いワット数まで充実。解凍に活用したりバターを溶かす、といった活用法も可能なのだとか。

コンビスチームオーブンは蒸籠のようなスチーム蒸気を活用した蒸し料理も作ることが出来る点は嬉しいポイント。

また本格的かつ大容量なオーブン専用機は中の熱を逃さない機能が他のシリーズよりも強化。より断熱化するためガラスを4枚重ねている構造の扉を採用しています。

メイド・イン・ジャパンの鋳物ホーロー調理器ブランド「VERMICULAR(バーミキュラ)」とコラボし、VERMICULAR専属シェフの戸谷直樹氏がスイートポテトを作って頂きました。

VERMICULARとミーレは双方の製品が相性良く、バーミキュラ ビレッジではミーレのオーブンや食洗機をオープン当初から採用しているのだそう。その両ブランドは11月18日に、バーミキュラ ビレッジにてコラボイベントを開催。

「精緻な職人技を細部に施したものづくりで、豊かな暮らしを提供する」という共通点を持つ両ブランドのコラボイベントでは、暮らしを整えてくれる「和朝食」のクッキングレッスンを行うそう。

本イベントは応募制となっているので、参加したいという方は特設サイトより応募してみてはいかがでしょうか。

 

Miele Experience Center 名古屋(ミーレ・エクスペリエンス・センター 名古屋)詳細

●住所:〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅四丁目8番26号 エニシオ名駅1階
●営業時間:11時~18時
●定休日:水曜
●展示・販売製品:ビルトイン調理機器(オーブン、IH・電気クッキングヒーター、ほか)、ビルトインコーヒーマシン、ビルトイン食器洗い機、ビルトイン冷蔵機器、ランドリー機器(洗濯機、乾燥機、洗濯乾燥機)、掃除機、純正洗剤・アクセサリー

ミーレ・ジャパン公式サイト:www.miele.co.jp
特設サイト:https://life.miele.co.jp/lp/mec-nagoya/

 

「Miele × VERMICULAR」コラボイベント詳細

●Miele × VERMICULAR presents『暮らしをととのえるモーニング』クッキングレッスン

・開催日時:2023年11月18日
第1部:10時30分〜12時
第2部:14時〜15時30分

・開催場所:バーミキュラ ビレッジ スタジオエリア 1F バーミキュラ フラッグシップショップ キッチンスタジオ(愛知県名古屋市中川区舟戸町2 運河沿い)

・応募期間:2023年10月20日〜11月9日 23時59分まで ※応募多数の場合は抽選の上、当選者の方へご案内メールをお送りいたします。

・参加費:3,000円(税込) ※試食込み

・メニュー内容:
照り焼きサーモン/にんじんの梅きんぴら/つやつやご飯/カブと油揚げのお味噌汁/茶碗蒸し

紹介するレシピは後日ミーレ・ジャパンのWEBサイトやSNSでも公開予定となっています。

応募方法:特設サイト(https://life.miele.co.jp/lp/vermicular_miele_cooking/)より応募。
※定員8名の完全予約制にて案内予定。

 

10月20日からグランドオープンとなった、名古屋のミーレ直営店「Miele Experience Center 名古屋」。

今回ご紹介出来た家電はほんの一部。他にも掃除機やビルトイン冷蔵庫など、素晴らしい機能が搭載された家電があるほか、記事中で紹介した家電にもまだまだ沢山の素晴らしい機能が存在しています。

見た目・機能共に洗練され、20年使える家電を目指しているミーレ。実際に「25年間同じミーレの家電を使っています。」という方もいたので、使い方によっては30年以上持ちそうです。

ミーレの家電に興味を持ったという方は、ぜひ名古屋の直営店、もしくは近隣のミーレ店舗に足を運んでみてはいかがでしょうか。

ミーレ公式:https://www.miele.co.jp/
Life with Miele:https://life.miele.co.jp/

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事

TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。

  1. ピジョンが実現を目指す「赤ちゃんにやさしい未来」のための早期教育プログラムが今年も開催

  2. iHerbの公式YouTubeチャンネル「OPEN THE BOX」にディーン・フジオカが出演!

  3. 大黒屋がAIを使ったLINEによる簡易買取査定サービス「おたからAI」を提供開始

RELATED

PAGE TOP