ファッション&カルチャーなど流行を発信するメディア

IT

人道的危機に在日ウクライナ大使館と連携した「TECROWD」寄付型ファンドで支援を開始

海外不動産クラウドファンディング「TECROWD(テクラウド)」を運営するTECRAは、2022年4月22日より「ウクライナ⼈道危機 緊急⽀援&仮設住宅建築⽀援プロジェクト」を開始することを発表しました。

連日報道されているウクライナの人道的危機。その復興を助けるプロジェクトとして、全額をウクライナ大使館に寄付する他、集まった寄付金額の50%をTECRA系列グループが上乗せする形で寄付を行うほか、現地にて仮設住宅の建設なども行うことが発表されています。

 

「TECROWD」ウクライナ人道支援に向けたプロジェクトを開始

 

「TECROWD(テクラウド)」とは

TECROWD(テクラウド)は、TECRAが運営する、1口10万円から不動産に投資をすることが出来るクラウドファンディングサービス。

投資するにあたり物件選びから契約まで、すべてオンラインで完結するため、気軽に不動産への投資が始めらることが特徴となっており、TECROWDは複数の投資家から出資された金銭で不動産を取得し、運用期間中の賃貸収入のほか、売却時の利益などを分配してくれるという仕組みのサービスです。

 

「ウクライナ⼈道危機 緊急⽀援&仮設住宅建築⽀援プロジェクト」リリースの背景

現在ウクライナでは、民間人を含む多くの方が負傷したり亡くなってしまう方も出ており、深刻な人道的危機に対する懸念が高まっています。

現時点で1,000万人を越える方々が、住む家を失ってしまったり、ウクライナ西部などの国内各都市や周辺国への避難を余儀なくされています。

TECROWDを運営するTECRAは、過去にウクライナの首都キーウ市中心部近くに所在する高級アパートメント「Alʹpiysʹkyy 10(アルピスキー10)」の内装施工を手掛けており、当時の取引先の役員やスタッフの中には、今回の事態を受け、キーウに残って現在ボランティア活動に従事しているという方もいるそう。

https://www.tecra.jp/works/alpiyskyy-10

このような背景もあり、TECRAは今後段階的にウクライナ復興に貢献していきたいと考え、その第一歩としてウクライナ国内での人道支援活動に携わる寄付金を募る、寄付型ファンド「ウクライナ人道危機 緊急支援&仮設住宅建築支援プロジェクト」をリリースすることにしたと説明しています。

 

「ウクライナ人道危機 緊急支援&仮設住宅建築支援プロジェクト」詳細

「ウクライナ人道危機 緊急支援&仮設住宅建築支援プロジェクト」において寄せられた寄付金は、その全てを直接在日ウクライナ大使館へ渡し、飲料水や食料品、その他の物資の提供をはじめ、ウクライナ国外へ避難する母子の保護、医療衛生サービスの提供などの人道援助に使用されると説明。

また、支援された寄付金額の50%相当の金額を、TECRAグループより拠出し、ウクライナ現地にて仮設住宅を建築した上で寄付を行うと告知しています。
※建築戸数および建築場所は、寄付金額確定後にウクライナ大使館と協議のうえ決定。

今回の募集にあたり、在日ウクライナ大使館のコルスンスキー特命全権大使とも対談を行い、コルスンスキー大使からは深い感謝の意と共に、寄付資金がウクライナ国内や周辺諸国での人道支援活動に使われるとコメントを頂いたとのこと。

また同時に、同大使からは今後も定期的に情報交換を行い、仮設住宅・常設住宅の供給をはじめ、都市インフラの再整備に向けてTECRAグループの貢献を期待するとのコメントも貰ったそうで、本ファンドをきっかけに今後、継続的にウクライナ復興へ関わっていく予定となっていると説明しています。

今回の寄付にあたって、寄付を行ったユーザーへのリターンや返礼品などはなく、純粋なウクライナへの支援となります。

詳細はプロジェクトページにてご確認ください。

●ウクライナ人道危機 緊急支援&仮設住宅建築支援プロジェクト
期間:2022年4月22日〜5月22日23時59分
URL:https://tecrowd.jp/lp/release/donation
主催:TECRA株式会社

 

寄付金の使途

・軍事紛争のために避難した難民や市民へ、食料・避難所を提供
・避難民の方々に衣類・靴・薬等の生活物資を提供
・支援が必要なウクライナ国⺠への資金援助

※支援に関する活動報告は、コーポレートサイトにて報告予定。
コーポレートサイト:https://www.tecra.jp/news

 

連日報じられているウクライナ情勢。

ウクライナへの支援方法がないか探している、支援を行いたいと考えている方は、ぜひ本クラウドファンディングサービスで支援を行ってみてはいかがでしょうか。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事

TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。

  1. オーディオテクニカ創業60周年を記念したリアルイベント「Analog Market」11月4日より開催

  2. エアウィーヴとJALがリサイクル!ビジネスクラスのマットレス全8200枚を再生品化し交換する取り組み開始

  3. 10月4日「投資の日」にABCashが厚切りジェイソンの特別講師就任イベント開催

RELATED

PAGE TOP