国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

ボカロPと歌い手のタッグでオリジナル楽曲を披露するオンラインライブ「つながる詩の日」追加参加者発表!

株式会社NTTドコモは、料金プラン「ahamo」の100万契約突破を記念して、人気「ボカロP」と「歌い手」がコラボするオンラインライブ「つながる詩の日」を、「ahamo」YouTube公式アカウントにて2021年7月11日に生配信します。

今回既に参加することが発表されている八王子P、ひとしずく×やま△、40mP、和田たけあきといった人気ボカロPに続き、追加参加者や今回タッグを組むボカロPと歌い手のペアが発表されました。

 

ahamo公式アカウントのオンラインライブ「つながる詩の日」開催

「つながる詩の日」は、インターネット上で創作活動を行っているボカロPと歌い手が参加し、それぞれのコラボレーションによって生み出される新しい音楽を届ける無料オンラインライブ。

NTTドコモの提供する料金プラン「ahamo」の100万契約突破を記念して、ahamo公式ユーチューブチャンネルにて生配信をするというもの。

つながる詩の日のライブ当日は歌い手とボカロPが一組となり、オリジナルソングを披露。

7月4日〜10日の期間で、当日披露される楽曲のワンコーラスMVをユーチューブにて公開し、視聴者による事前の楽曲人気投票を行います。また当日には有識者による審査を行い、最終的に両方での総合審査で優勝ペアを決定。優勝したペアは更なる飛躍をahamoがサポートすると告知。

つながりが生み出す、ネクストアーティストの誕生の瞬間をお届けするオンラインライブとなっています。

そのつながる詩の日の追加告知として、今回新たに「OSTERproject」、「針原翼×koyori」、「buzzG」の3組のボカロPが参加することを発表。

そしてオリジナルソングを披露するボカロPと歌い手のペアも合わせて発表。それぞれ「OSTER project×ゆらぎ」、「八王子P×しゅーず」、「針原翼×koyori×遥羽(はるは)」、「buzzG×RIRIKO」、「ひとしずく×やま△×PARED」、「40mP×こはならむ」、「和田たけあき×松下」という組み合わせとなっており、今までにないコラボレーションが実現します。

また、YouTube再生回数2300万回を超える「くらべられっ子」を始め、再生回数1000万回を超える楽曲を複数リリースしており、ネット発のアーティストとして大きく注目を集めている人気の歌い手「ツユ」が応援アーティストとして出演することも発表されています。

 

参加アーティスト紹介

今回「つながる詩の日」に参加するアーティストは、ボカロP7組、歌い手7組がタッグを組んで参加。参加アーティストは以下の通りです。

参加予定のボカロP

OSTER project

 

八王子 P

 

針原翼

koyori

 

buzzG

 

ひとしずく×やま△

 

40mP

 

和田たけあき

 

参加予定の歌い手

こはならむ

 

しゅーず

 

遥羽(はるは)

 

PARED

 

松下

 

ゆらぎ(小林優奈)

 

RIRIKO

 

応援アーティストとして出演予定のアーティスト(SNSにて順次発表)

ツユ

 

本イベントのスケジュール(予定)

本イベントに参加される、ボカロPと歌い手の組み合わせなどの情報は「ahamo」のSNSアカウント(Twitterなど)で随時公開予定。

●2021年7月4日~10日
本イベントで披露する、ボカロPと歌い手7組のオリジナル楽曲ワンコーラスMVをYouTubeで公開。視聴者による事前投票をTwitterで実施

●2021年7月11日
ライブ当日

●2021年8月上旬
優勝楽曲を「ahamo」のYouTube公式アカウントで公開、更なる飛躍を「ahamo」がサポート(詳細は順次公開予定)

公式サイト:https://ahamo.com/special/tsunauta
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCkNj1J19_-2Zz2ZZNqhzTFA
Twitter:https://twitter.com/ahamo_official?s=20
※「ahamo」のYouTube公式アカウントから、どなたでも無料でご覧いただけます。

 

人気の高いボカロPと歌い手がペアを組み、オリジナル楽曲を披露するオンラインライブ「つながる詩の日」は、7月11日に開催となります。

まだ応援アーティストや開催時間などの発表もあります。きになる方は公式チャンネルやSNSなどをフォローし、通知をお見逃しなく。

Facebook
スポンサードリンク
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする