ファッション&カルチャーなど流行を発信するメディア

グルメ

「神奈川大学サッカー部×Y.S.C.C.横浜×地産地消レストラン」SDGs実現に向けファーム野菜提供へ

神奈川大学は、サッカー部が現在進めている周辺地域の活性化や地域コミュニティーの課題解決に繋がるSDGs活動「竹山団地プロジェクト」の一環として、サッカーJ3所属の「Y.S.C.C.横浜」と、神奈川県産の野菜や魚、肉などにこだわって地産地消の料理を提供している「ユニバーサルダイニングONE」と協力し、SDGs実現に向けた活動を開始したことを発表しました。

 

神奈川大学と地元レストランの強力タッグでSDGs実現に向けた取り組み実施

 

竹山団地プロジェクトとは

神奈川大学では、サッカー部が築50年となる竹山団地(横浜市緑区)を部員の寮として活用しています。

神奈川大学サッカー部では、竹山団地自治会や県住宅供給公社と連携し、周辺地域の活性化や地域コミュニティーの課題解決に繋げるべく、SDGs活動「竹山団地プロジェクト」を展開しています。

この活動は、持続可能な開発目標「SDGs」実現のために、学生が共同生活をしながら「学生の健全育成」並びに「団地や施設、周辺地域の活性化」「地域コミュニティーの課題解決」に向けた取り組みを行うというもの。

これまでにも様々な活動を行なってきた神奈川大学サッカー部が、地元のレストランとJ3所属のクラブチームとタッグを組み、SDGs達成に向けたプロジェクトをスタートさせました。

 

ファームスタート&地産地消レストランへ野菜提供へ

この度神奈川大学サッカー部は、これまでの活動の一環として、農家の高齢化問題や後継者不足による休耕地問題などの課題解決に繋げるべく、2022年春より横浜市緑区の休耕地約600坪の畑を借り受け、以前より農業事業に参入して横浜市緑区で所属選手による農業を行っている、サッカーJ3所属の「Y.S.C.C.横浜」と連携し、選手やコーチが耕作する「Y.S.K.U.ファーム」を開始しました。

農林水産省が設けている特別栽培農産物の栽培基準よりも厳しい基準を設定し、有機肥料率70%以上、農薬使用回数70%以上削減を目指して、畑の耕作に取り組み、様々な野菜を栽培しています。

そしてその野菜を、地元神奈川県産の野菜や魚、肉などにこだわって地産地消の料理を提供している「ユニバーサルダイニングONE」へ、年間を通してファーム野菜を提供することが決定したと発表しました。

ユニバーサルダイニングONEでは、ファームの野菜を使った地産地消料理を考案。

そのフラッグシップとして、今年の8月より「SDGs-YOKOHAMAコース」の提供を開始するとのこと。

こちらは栽培したカブを使ったSDGsオリジナルメニュー。

SDGs活動「竹山団地プロジェクト」の理念と合致することから始動した本プロジェクトでは、神奈川大学サッカー部が栽培した野菜を、今後横浜市内で開催されるマルシェなどでも販売予定であると説明しています。

 

神奈川大学サッカー部が取り組むSDGs活動「竹山団地」プロジェクトの一環として行われる、Y.S.C.C.横浜、ユニバーサルダイニングONEと組んだ今回の施策。

神奈川大学サッカー部の取り組みを応援したいという方は、ぜひユニバーサルダイニングONEの「SDGs-TOKOHAMAコース」をぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

神奈川大学「竹山団地プロジェクト」:https://www.kanagawa-u.ac.jp/news/details_20809.html

Y.S.C.C.横浜の農業の取組:https://yscc1986.net/info/club/20210817002/

「ユニバーサルダイニングONE」:http://ud-one.jp/

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事

TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。

  1. 「atmos × ASICS SportStyle」総柄を落とし込んだ”MAPシリーズ”別注モデルを発売

  2. 「LILY BROWN(リリーブラウン)」宮脇咲良とのコラボアイテム第5弾が発売

  3. 「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」メルセデス ミーで特別展示や期間限定メニューを発売

RELATED

PAGE TOP