国内のファッションやカルチャーを発信するメディア

台湾旅行に行った気分!台湾の文策院(TAICCA)日本初の単独イベント「脳内トラベル台湾」開催

台湾文化コンテンツの産業化と国際化を促進する独立行政法人台湾クリエイティブ・コンテンツ・エイジェンシー(TAICCA)は、台湾の文化やコンテンツを日本国内へ広めるための日本初となる単独イベント「脳内トラベル台湾」を、誠品生活日本橋をはじめとした書店にて2021年8月16日から9月15日の期間限定で実施することを発表。

初日となる8月16日は台湾デジタル担当大臣で日本でも著名なオードリー・タン氏が同時刻に台湾で行われているイベントに出席。TAICCA董事長・丁 曉菁(ディン・シャオジン)氏、 日本台湾交流協会台北事務所代表・泉裕泰氏らと共に挨拶を行いました。

 

TAICCA日本初の単独イベント「脳内トラベル台湾」開催

TAICCA(読み:タイカ)は、独立行政法人文化内容策進院(Taiwan Creative Content Agency)の略称で、台湾文化コンテンツの産業化と国際化を促進することを目的に2019年に設立しました。

そのTAICCAは民間とも共同を行いながら、海外への台湾の文化・デジタルコンテンツの発信を行ってきました。そして2021年8月16日、日本初のTAICCA単独イベントとなる「脳内トラベル台湾」を、誠品生活日本橋をはじめとする書店にて開催することを告知。

初日となる8月16日にはメディア・一般向けそれぞれにイベントを誠品生活日本橋にて開催。日本でも多くの書籍やメディアに取り上げられている台湾デジタル担当大臣のオードリー・タン氏をゲストに迎えた記者発表会・一般向けイベントを行いました。

画像上より、丁 曉菁(ディン・シャオジン)氏、 泉裕泰氏、オードリー・タン氏。

 

オードリー・タン氏は、台湾で製作され8月14日より放送されている、台湾の歴史的事件を描く大型叙情詩ドラマ「SEQALU:Formosa 1867」を交え、今回のイベントについてコメント。

「今回展開するこういった本などをご覧頂きながら、テーマである脳内旅行をお楽しみください。(SEQALUは)Taiwan+という国外向け配信プラットフォームで月末に配信されますので、こちらもご覧頂けます。

今後規制が緩和されていった時には、こうした小説やドラマなどで描かれているシーンについて、実際にフェイストゥフェイスで、膝を突き合わせて、こういったシーンがあったよねといったお話が出来ればと思っています」

と語り、台湾からのデジタルコンテンツで台湾への脳内旅行を楽しんで欲しいという想いをコメントされていました。

 

「脳内トラベル台湾」で台湾旅行気分を味わおう!

今回日本の誠品生活日本橋、本屋 B&B、ダ・ヴィンチストアの3店舗で行われる「脳内トラベル台湾」は、「現在の情勢下で自由を奪われた日常化から抜け出す」をコンセプトとしたイベント。

この情勢で台湾へ旅行することが出来なくとも、本を読んだり雑貨に触れたりすることで擬似的な台湾巡り・台湾の方々との交流をしたかのような気分を味わえるというもの。

対象店舗ではそれぞれに特設コーナーを設置し、日本でも2021年に翻訳されて発売されている台湾の最新関連書籍をはじめ、10種類以上の生活雑貨ブランドを取り揃え、見て触れる台湾体験を自宅で楽しむことが出来るアイテムを販売します。

書籍は「複眼人」「返校」(KADOKAWA)、「台北プライベートアイ」(文藝春秋)などのほか、オードリー・タン氏の著書などもラインナップされています。

東京オリンピックが終了したものの、まだまだ予断を許さず、今後も現在以上に自粛が求められる世の中になりつつある日本。海外旅行など行きたくても行けない日々が続きます。

ぜひTAICCAが日本で初めて単独開催するイベント「脳内トラベル台湾」で、台湾旅行をした気分を味わってみてはいかがでしょうか。脳内トラベル台湾は、8月16日〜9月15日まで開催予定となっています。

公式サイト:
https://nounai-travel-taiwan.taicca.tw/

Facebook
スポンサードリンク
この記事を書いた人
TORSO JACK編集部です。 人ではなく、人が創り出す「モノ」や「コト」にフォーカスする事を方針として発信しています。
SNSでフォローする